最新ランキングをチェックしよう
中国に出現した「未来都市」深センで見た驚くべき光景

中国に出現した「未来都市」深センで見た驚くべき光景

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/02/12

1980年、人口3万人の漁村・深圳が中国初の経済特区になった。以来38年、隣接する香港を凌駕する「アジアのシリコンバレー」に成長した。世界最先端都市に飛び、深圳のいまを現地ルポした。
秋葉原の30倍の電子街
そこはまさしく、中国人の無限の欲望の大噴火が起こっていた。
「アジアのシリコンバレー」「世界最先端都市」――最近、深圳に冠せられる形容詞は多い。今回、香港に隣接するこの人口1200万の経済特区

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
“エッチOK”の広瀬アリスがまぶしい「銃を拾った男」の日常サスペンス『銃』
母、完敗!1歳四男の「怒られた時のごまかし方」が最強すぎた件(笑)
セブンに7日間だけ登場。クリスマスの「大きめ個食ケーキ」。
マラソン大会でデッドヒート中の中国選手に国旗が手渡される、雨含み重く選手失速、やむなくポイ捨て=「国旗捨てるとは何事か」と物議―中国
【激得】いきなり!ステーキの福袋は「4.7kg分の肉マイレージカード」入りで“2,019円”!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加