【映画本音レビュー】原作を知らなくても映画『ジョジョの奇妙な冒険』は楽しめるのか観に行ってみた

【映画本音レビュー】原作を知らなくても映画『ジョジョの奇妙な冒険』は楽しめるのか観に行ってみた

  • Pouch
  • 更新日:2017/08/15
No image

【最新シネマ批評】

映画ライター斎藤香が公開中の最新映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

今回は、荒木飛呂彦さんの人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の実写映画化『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(2017年8月4日公開)をピックアップします。

何しろ、シリーズ累計発行部数1億部を超えるヒット作の映画化! これは期待が高まるじゃないですか。というわけで、私は公開日に鑑賞して来ました。

【物語】

杜王町(もりおうちょう)で暮らす東方仗助(ジョジョ)は、不良に髪型をバカにされるとスタンドを発動し、メタメタに叩きのめす血気盛んな高校2年生。

スタンドとは仗助の特殊能力。彼のその力は、実父のジョセフ・ジョースターによるもので、ジョースター家の血を継ぐ者が持っている超能力です。

No image

そんなとき、平和な町で謎の連続殺人が。その犯罪を操っていたのはスタンド使いのアンジェロ(山田孝之)で、その行いを仗助に邪魔をされたアンジェロは、彼の家族や友人の康一(神木隆之介)に襲いかかります。

そのときから仗助はこの町の平和を守ることを誓うのですが、敵はアンジェロだけではなく、その背後により強力なスタンド使いの影が……。

No image

【ジョジョ知識なくてもOKです!】

私は『ジョジョの奇妙な冒険』の存在は知っていたけど、内容を知らないまま、実写映画に挑戦しました。正直不安ではありましたが、逆に知らないまま見て、知らなくてもわかるのか、楽しめるのかを試してみたかったのです。

そして初めて接した“ジョジョの世界”は、とても楽しかった!

No image

キャストがハマっているのかどうかは原作未読なので判断できませんが、スタンドという特殊能力は、人によって違い、それらの力を持つ者にしか見えないという特徴など、私的にはワクワクさせられましたね。もはやスタンドに興味津々ですよ。

ちなみに仗助のスタンドは、触れるだけでケガ、崩壊したものを元に戻せる「クレイジー・ダイヤモンド」です。

【杜王町をきっちり作り上げたのが成功の証】

非現実世界の物語の場合、どこまで見る者をその世界に引き込めるかにかかってきますが、本作はしっかりと見る者を掴んでグイっとスクリーンの中に引きこむことに成功しています。

それは仗助たちが暮らす町、杜王町のヴィジュアルをしっかり構築したこと、その中で生きる仗助たちのファッションも作り込み、かつ、スタンドの力をその世界にしっかりはめて、最初から最後まで観客の手をしっかり握って離さなかったからです。

No image

原作の杜王町は宮城県仙台市をモチーフにしているようですが、映画は仙台ロケをせず、スペインのシッチェスで1カ月に及ぶロケを敢行。外国が舞台だけどロケ地は日本というのはありがちですが、日本が舞台なのにスペインロケという三池監督の大胆な発想が功を奏して、ファンタジー世界の景観作りがしっかりできていたことは大きいです。

原作ファンからは「何で外国なんだよ!」という声が多いようですが、原作を知らない自分は「仙台であのコスプレのままバトルやったら浮く……」と思いましたけどね。見慣れた場所ではファンタジーにハマれないです。

No image

【それぞれのスタンドに楽しみが募る展開】

後半は、仗助、アンジェロはじめ、スタンド使いそれぞれの特殊能力がぶつかりあい、壮絶バトルが展開していきます。自分の能力をどのタイミングでどう使うのか、敵はどんなスタンドを使って来るのか、駆け引きがありつつのアクションバトルは実に見応えがあり、ワクワクしましたよ。

第一章ってことは二章があるはずで「今後、いろいろなキャラが登場し、様々なスタンドが登場するかな……楽しみ」と、早く第二章が見たくて仕方がありません! なのに、私が鑑賞した劇場は、半分しか埋まっておりませんでした。大丈夫かしらジョジョ……。

「興行通信社」が発表した今週の映画動員ランキング(8月5日〜6日)では、土日2日間で動員11万7000人、興収1億6600万円をあげ5位にランクインしていました。「そうか~ベスト3に入れなかったんだ~」と、ちょっと残念ではありますが、原作ファンはちょっと様子を見ているのかもしれません。これから伸びるってことも可能性としてはあると信じたい!

【結論:原作を知らなくても面白いです!】

思い入れの強い原作ファンの間でも「満足した」「悪くないじゃん」という声が多い、実写版『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』。実写化は歓迎できないから見ないという原作ファンの方はもったいない。何か言うなら見てから言おう!

そして原作知らないけど「面白いの?」と思っている人には「面白いです!」とお答えします。ちょうどお盆休みの時期ですので、この機会に原作の「ジョジョ」をまとめて読んでみるのもいいかも。エンタテインメント系の映画が好き、ファンタジーアクションが好きという方にはオススメですよ!

No image

参照元:映画ランキング
執筆=斎藤 香 (c)Pouch

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』
(2017年8月4日より、TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国ロードショー)
監督:三池崇史
出演:山崎賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、観月ありさ、國村隼、山田孝之、伊勢谷友介ほか
(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会 (C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社

▼映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』予告編

動画・画像が表示されていないときはこちらから

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ディズニー】海賊酒場で飲めや歌えの大宴会!「パイレーツ・キャンティーナ・フィエスタ」体験
逃げられないデスゲーム再び!『ソウ』シリーズ新章、衝撃映像解禁
【歴史戦】端島の旧島民らが韓国映画「軍艦島」に反論声明文 「フィクションとことわれば許されるのか」
たった300人のジェダイが、6万人の中世の騎士軍に挑む!
「実写版ジョジョ」本編重要シーンをネット公開でいよいよヤバいッ!! ヘタしたら続編がなくなる可能性も否めない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加