サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「堅実ポールヴァンドル中心視」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「堅実ポールヴァンドル中心視」

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2017/10/12
No image

秋のGI第2弾、3歳牝馬による秋華賞が今週のメインだ。オークス馬ソウルスターリングが別路線を歩むことになり、本来なら最有力候補のこの馬の不在は少し寂しい。

が、桜花賞馬レーヌミノルを筆頭に、オークス2着のモズカッチャン、クイーンSを楽々と逃げ切ったアエロリット、東西両トライアルの覇者ディアドラ、ラビットラン、さらにはファンディーナと主だった顔は出そろった感があり、熱のこもった見応え満点の一戦になるのは間違いない。

むろん、人気、有力どころは前述した面々ということになるが、伏兵陣も多彩で、馬券的にもかなりおもしろい競馬と言っていいだろう。

データをひもといてみよう。馬単導入後の02年以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのはわずか1回(馬連1回)のみ。1番人気馬は4勝(2着3回)、2番人気馬は7勝(2着2回)。比較的、順当に収まるGIと言ってよさそうだが、ハイレベルで顔ぶれがそろっているところを見ると、今回あたりは波乱の目もなくはなさそうだ。

データから言うと、目下ディープインパクト産駒が3連覇中。ならばファンディーナやカワキタエンカなどに目をつけるのも一考だ。が、逆に今回はディープ産駒以外が‥‥と言えなくもなく、このへんは各馬の値踏みをしっかりしておくことが肝心だ。

ということで、顔ぶれをあらためて見てみる。前走のレースぶりが鮮やかだったことから言うと、アエロリットとラビットランは抜けていた。この中間も順調なだけに、このまま勢いに乗って、どちらかが女王の座に就いてしまう可能性も十分だが、ただ両馬とも血統的にはマイラー色が濃く、一抹の不安がある。

これならポールヴァンドルのほうがよさそうだ。

決め手にやや甘いものの、実に堅実。そして勝負強い面も兼ね備えており、前走の紫苑Sの内容もよかった。珍しく後手を踏んで、道中はいつもより後方から。が、それでも徐々に進出し、しまい最速の上がり脚を駆使。ハナ差3着に押し上げて見せた。これには陣営もあらためてこの馬の力を認識したようだ。

「違う一面を見せてもらった。本番に向けて収穫のある内容だった」

こう上原調教師は前走を振り返りながら期待感を込める。さらに状態に関しても「使われたことでグンと良化。心身ともにたくましくなって実にいい雰囲気」と、前走以上を強調する。

確かに1週前の追い切りは軽快かつリズミカル。まずは文句なしだった。

530キロの牡馬勝りの巨漢馬。初めてになる京都の広い馬場は間違いなく競馬がしやすいはずだ。

ダイワメジャー産駒だが、祖母メルカルはGIカドラン賞(4000メートル)の覇者で、近親に秋華賞を勝ったファビラスラフインがいる。距離の不安は、これっぽっちもなく、連軸馬として中心視したい。

有力どころが相手となるが、大勢逆転があるならカリビアンゴールドだ。

前走の紫苑Sは、少々仕掛けのタイミングが早かった。ワンテンポ遅らせていたら勝っていたはずだ。まだ気持ちの面で幼さがあり、初の関西までの輸送で体重が大きく減らないか心配な面はある。が、それさえ克服できるようならチャンスがあって不思議ない。

バランスの取れた、あか抜けた好馬体で、血統も一流。頂点に立っていい馬で、この中間もすこぶる順調。とにもかくにも体重が大きく減らなければ、だ。能力は確かなだけに、良馬場なら出番があっていい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論
宮根誠司「ミヤネ屋降板」フジ新番組に電撃移籍へ
水曜日DT、クロちゃん「衝撃奇行」にドン引き!?
高嶋ちさ子 夫からの“絶縁宣言”に「上等だよ!」
元SMAP・香取慎吾のイベントに、ついに飯島三智マネジャーが現れた!「異常な拒絶反応でキレまくり......」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加