アールデコなチョコレート一粒の幸福感、ローザー洋菓子店の「ロシアチョコレート」【レトロかわいい手土産】

アールデコなチョコレート一粒の幸福感、ローザー洋菓子店の「ロシアチョコレート」【レトロかわいい手土産】

  • FASHION HEADLINE
  • 更新日:2017/08/11
No image

1954年創業の田園調布に店を構える老舗洋菓子店「ローザー」は、チョコレート、バタークリームケーキ、クッキーの専門店。こちらの名物「ロシアチョコレート」(約30個入り 3,500円/賞味期限 約1ヶ月半)は、創業時から変わらないかわいらしいパッケージが有名で、お菓子界では、ちょっと名の通った存在かもしれません。

白い包装紙に金のリボン掛けがされた「ロシアチョコレート」は、その佇まいからして懐かしさが漂います。リボンを解くと、ベージュ地に黒色で“ROZA”と描かれたシックなデザインの缶が表れ、その中にカラフルな包み紙にくるまれたチョコレートがびっしり。フルーツや動物、シルクハットのおじさんなど、異国情緒を掻き立てるイラストやロシア文字が描かれた包み紙に、好奇心が刺激されます。

No image

金のリボン掛けが懐かしい雰囲気

No image

ローザー洋菓子店の「ロシアチョコレート」(約30個入り 3,500円)

缶入りのミックスチョコレートは、シロップに付け込んだドライフルーツやジャム、ヌガー、タフィー、お酒のシロップをシャリシャリの砂糖で閉じ込めたものなど、10種類のフレーバーをダークチョコレートでコーティングしたチョコレートが詰合せになったもの。一つひとつ手作業で作られ、包装されたチョコレートは形もさまざま。変わらぬ味を求めて、お店を訪れる常連さんも多いことでしょう。

No image
No image

個装紙のロシア語で書かれた文字とレトロなイラストがチャーミング

自分用には袋入りミックスチョコレート(20個入り 1,950円)や、各フレーバーの袋入り(全11種 各950円~)もあるので、お気に入りの味をリピート買いすることもできます。

また、裏メニューとしてパイナップルチョコレートの存在も。パイナップルはコーティングしたチョコレートからシロップが染み出てしまうことがあるため、ミックスチョコレートの詰合せの中には入っていないのだそうです。

レトロ好みや雑貨好きの女性はもちろん、年配の方への贈答品としてもおすすめ。夕方には売り切れの場合もあるため、電話予約しておくのが安心です。

【ロシアチョコレート】
ローザー洋菓子店
住所:東京都大田区田園調布2-48-13
電話:03-3721-2662(電話にて全国配送受付)
営業時間:10:00~18:30(8月11日~16日はお盆のため休業)
定休日:日曜・祝日

●ほかの手土産ももっと見る

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

グルメ総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【マジ?】二日酔いに効く「サンドイッチ」があるらしい / 作り方を有名シェフが紹介
【衝撃グルメ】アイス「チョコモナカジャンボ」を焼くと激ウマ化することが判明!
【検証】豆腐屋さんの本格豆腐とスーパーで39円の豆腐を食べ比べてみた
松屋のビビン丼が終売、だと? 衝撃受けるファンに「耳より情報」
【東京ディズニーシー】に行ったら、食べておきたいもの★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加