最新ランキングをチェックしよう
同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで

同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/03/21

いま、全国の大学で教員の解雇や雇い止めをめぐるトラブルが急増している。志願者が減少傾向にある私立大学はもちろんのこと、2004年に運営が国から独立した法人に任せられるようになった国立大学法人でも教員の解雇・雇い止めが行われるようになり、特にここ5年くらいで顕著になっている。
「北海道のある弁護士事務所は、大学で教員の解雇が相次いでいることを受け、大学の実態を調査・協議するためのシンポジウムを開催し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
警察に捕まる人が続出?韓国人が日本の道路で困惑するもの=韓国ネット「地獄のよう」「見た瞬間、怒りが...」
日本列島が今シーズン最強の寒波に覆われる
一番人気は?...自動車メーカーはホンダ、スバル、マツダ、三菱がエコプロ2017に出展
紀子さま焦燥! 悠仁さま帝王教育「また先送り」
富岡八幡宮殺害事件  チャンバラ好きの弟が日本刀で姉の宮司を斬りつけた本当の動機
  • このエントリーをはてなブックマークに追加