最新ランキングをチェックしよう
同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで

同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/03/21

いま、全国の大学で教員の解雇や雇い止めをめぐるトラブルが急増している。志願者が減少傾向にある私立大学はもちろんのこと、2004年に運営が国から独立した法人に任せられるようになった国立大学法人でも教員の解雇・雇い止めが行われるようになり、特にここ5年くらいで顕著になっている。
「北海道のある弁護士事務所は、大学で教員の解雇が相次いでいることを受け、大学の実態を調査・協議するためのシンポジウムを開催し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇団四季シンバ役田中彰孝重傷、あご殴られ骨折
【報ステ】102歳男性が自殺...東電に賠償命令
野田総務相“重大な事故”の可能性、ソフトバンク通信障害
左手にスマホ右手に飲み物で左耳にイヤフォンのまま自転車に乗り77歳女性を死なせた女子大生に怒りの声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加