最新ランキングをチェックしよう
同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで

同志社大学の名物教授が「突然の退職」を通告されるまで

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2017/03/21

いま、全国の大学で教員の解雇や雇い止めをめぐるトラブルが急増している。志願者が減少傾向にある私立大学はもちろんのこと、2004年に運営が国から独立した法人に任せられるようになった国立大学法人でも教員の解雇・雇い止めが行われるようになり、特にここ5年くらいで顕著になっている。
「北海道のある弁護士事務所は、大学で教員の解雇が相次いでいることを受け、大学の実態を調査・協議するためのシンポジウムを開催し

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
麻生太郎副総理の東日本大震災時の行動が脚光を浴びる! 「はじめて知った」「マスコミは世間に知らせて」
TOKIO山口達也が謝罪、被害者の親「決して許せるものではない」
酒乱癖のあった山口達也に「準強姦未遂容疑」の可能性も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加