アルパイン、中国の自動車関連技術開発の合弁会社の増資引き受け

アルパイン、中国の自動車関連技術開発の合弁会社の増資引き受け

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

アルパインは、中国の持分法適用関連会社で、自動車関連技術の開発事業を展開する東軟睿馳汽車技術(上海)が実施する増資を引き受けると発表した。

東軟睿馳汽車技術は、アルパインの中国子会社アルパイン・エレクトロニクス(チャイナ)が48.75%、東軟集団が51.25%出資する合弁会社。

東軟睿馳汽車技術は、12月に2億5500万元(約40億8000万円)増資する。アルパイン・チャイナが増資分の39%に当たる9945万元(約15億9100万円)を引き受ける。増資後のアルパイン・チャイナの出資比率は44.33%に下がる。

東軟睿馳汽車技術は増資で得た資金を活用して自動車産業、向け技術開発を強化、受注拡大に結びつける。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
「牛すじ煮込み」6500個回収=加熱殺菌が不十分-エスフーズ
「ガチだ」「スゴすぎる」 1年にわたってユニクロで働いたジャーナリストの『週刊文春』潜入ルポ記事が話題
ドッペルギャンガー、車載が簡単な20インチ折りたたみ自転車を発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加