ソフトバンク・武田、3回2失点 9月15日のファーム試合結果

ソフトバンク・武田、3回2失点 9月15日のファーム試合結果

  • ベースボールキング
  • 更新日:2017/09/16
No image

ソフトバンクの武田翔太

◆ ソフトバンク・武田が先発

9月6日のオリックス戦で完封勝利を収めた翌日、一軍登録抹消となったソフトバンクの武田翔太が15日、広島との二軍戦に先発した。

武田は0-0で迎えた3回にペーニャに2号ソロ、土生にタイムリーを浴びた。この日の武田は3回を投げ、3安打、1四死球、2失点という内容だった。

◆ 9月15日のイースタン・リーグ試合結果

▼ 西武 1 - 2 DeNA(西武第二)
De|020 000 000|2
西|100 000 000|1
[勝] 田村(3勝7敗)
[S] 笠井(0勝0敗1S)
[負] ファイフ(5勝2敗)
[本]
西:なし
De:なし

◆ 9月15日のウエスタン・リーグ試合結果

▼ 中日 2 - 7 オリックス(ナゴヤ)
オ|000 002 401|7
中|000 000 200|2
[勝] 山田(4勝7敗)
[負] 小熊(3勝7敗)
[本]
中:なし
オ:モレル(3号)、伏見(7号)

▼ ソフトバンク 5 - 4 広島(タマスタ筑後)
広|002 000 002|4
ソ|000 110 21X|5
[勝] 飯田(2勝4敗)
[S] 加治屋(0勝0敗15S)
[負] 飯田(4勝3敗)
[本]
ソ:ジェンセン(12号)
広:ペーニャ(2号)、土生(5号)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
楽天がメキシコ地震で募金活動 助っ人が母国のため直訴、試合後に35人参加
早実・清宮、22日プロ表明!最大9球団ドラフト史上最多争奪戦か
中日ひと筋21年の森野が引退...落合監督時代の黄金期支えた主砲
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
広島・緒方監督、大瀬良に奮起求める「悔しかったら結果を出せ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加