グッドイヤー、部分自動運転車向けソリューションを拡大

グッドイヤー、部分自動運転車向けソリューションを拡大

  • レスポンス
  • 更新日:2017/09/15
No image

部分自動運転技術を搭載するテスラ・モデルS

グッドイヤーは9月15日、部分自動運転車両向けのフリートマネジメントソリューションを拡大すると発表した。

グッドイヤーは2017年1月から、Tesloop社と提携。自動運転車がタイヤに及ぼす影響について研究を行っている。今回、これを拡大し、EVメーカー、テスラの市販車が限定的に採用している都市間モビリティサービス、「Tesloop」が、グッドイヤーのインテリジェントタイヤを採用。テスラの車両は、タイヤにワイヤレスセンサーを装着。これにより、タイヤの管理能力を向上させている。

ワイヤレスセンサーは、タイヤ温度と空気圧を継続して測定し、これを記録。この記録は、他の車両の運行データと併用し、またクラウドベースによるグッドイヤー独自のアルゴリズムと組み合わせることで、全車両のフリート運行を強化。タイヤの補修または交換が、いつ必要になるかを予測する。

グッドイヤーは、Tesloopとの共同プログラムの一環として、乗用車についても、モバイルフリートソリューションを提供。Tesloopの車両が充電スタンドに駐車している間に、タイヤのメンテナンスや修理を行う。

グッドイヤーとTesloop社との取り組みは、車両フリート向けのグッドイヤープロアクティブソリューションの商用化成功の足がかりとなるもの。高度なテレマティクスや予測解析を利用することで、車両運行者が燃料効率を最大化し、またタイヤ関連事故の発生を正確に特定し、これを未然に防いでいく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
「もはや中古家具店」大塚家具、経営危機の内幕...久美子改革が完全失敗、経営陣一掃は必須
地域密着型ホームセンターの地元愛あふれる日用品大集合
【東芝メモリ売却決定】東芝半導体子会社売却の舞台裏 二転三転の激しいせめぎ合い、「劇場型買収劇」に
e-Sports業界団体が統合へ向けて取り組みを開始 - 新団体でJOC加盟を目指す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加