野党が石井国交相不信任決議案提出 IR法案採決に反発、内閣委員長解任案は否決

野党が石井国交相不信任決議案提出 IR法案採決に反発、内閣委員長解任案は否決

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/06/14

立憲民主党など野党6党派は14日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法案をめぐり石井啓一国土交通相の不信任決議案を衆院に提出した。理由として「国民の理解が全く進んでいないカジノ法案を強引に押し通そうとし、資質を疑わざるを得ない」と批判した。与党は15日の衆院本会議で不信任決議案を否決した後、同日の内閣委員会で法案を採決する方針だ。

No image

石井啓一国交相=今年3月、国会・参院第1委員会室(斎藤良雄撮影)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
自民・小泉進次郎氏「政策」で存在感 総裁選の「リトマス試験紙」の側面も
【平成30年史 政界再編・インタビュー】細川護煕元首相「安倍さん、頑張っているが強引」「穏健な多党制へ早く選挙制度改革を」
足立康史衆院議員による是枝裕和監督『万引き家族』と科研費バッシングへの対応の圧倒的な正しさ
【平成30年史 政界再編(3)】細川政権263日で退陣...「小沢一郎氏VS武村正義氏」今なお残る怨念 税率7%の腰だめ発言、細川護煕氏「これはまずい」
総理「人命第一、政府一丸で対応」 大阪震度6弱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加