最新ランキングをチェックしよう
バルサ10名 ドーピング検査

バルサ10名 ドーピング検査

  • スポルト
  • 更新日:2016/11/30

FCバルセロナのトップチームに所属する10名の選手達が、29日(火)にUEFAのアンチドーピング目的の尿検査及び血液検査を命じられた。

この検査の対象となったのは、ジェラール・ピケとジョルディ・アルバ、レオ・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール、マスチェラーノ、デニス・スアレス、アルダ・トゥラン、ユムティティだった。

このドーピング検査はUEFAが定期的に行っているものであり、ヨーロッパのトー

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
オランダ代表監督、W杯予選黒星で辞任を検討「自分を責めている」
引退した木村沙織と対照的な道を歩むベテラン栗原恵
仏代表エースも初招集の18歳神童の才能に脱帽 「彼こそが俺たちをベンチに追いやる存在だ」
“その気持ち”を持たなかったらおしまい...DF酒井高「選手として当たり前」
山口の小塚が衝撃の50メートル弾! 「狙っていこうという話をしていた」 チームも今季初勝利
  • このエントリーをはてなブックマークに追加