最新ランキングをチェックしよう
バルサ10名 ドーピング検査

バルサ10名 ドーピング検査

  • スポルト
  • 更新日:2016/11/30

FCバルセロナのトップチームに所属する10名の選手達が、29日(火)にUEFAのアンチドーピング目的の尿検査及び血液検査を命じられた。

この検査の対象となったのは、ジェラール・ピケとジョルディ・アルバ、レオ・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマール、マスチェラーノ、デニス・スアレス、アルダ・トゥラン、ユムティティだった。

このドーピング検査はUEFAが定期的に行っているものであり、ヨーロッパのトー

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
横浜FMに新助っ人獲得の噂が浮上! バルサ下部組織出身で父は元G大阪のマケドニア代表MF
韓国代表MFの“ダイブ→警告”が物議...ファン「PKだ」英紙「素晴らしいジャッジ」
東南アジア戦略の難しさ...「ピルロ」に続き「メッシ」も1年でベトナム帰国
神戸ポドルスキ週明けにも誕生 沖縄合宿合流も
箱根駅伝「ドラマ」が減った2つの理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加