日本ハム中田、リプレー検証の結果適時打に

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/16

<日本ハム-オリックス>◇16日◇札幌ドーム

日本ハム中田翔内野手(28)の一打が、リプレー検証の結果、適時打となった。

7回2死から大谷が中堅フェンス直撃の二塁打で出塁。続く中田は初球を左前に運び、二塁走者の大谷は本塁へ突っ込んだ。微妙なタイミングでクロスプレーとなり、一時はアウト宣告も大谷は苦笑いでセーフをアピール。栗山監督も飛び出した。

審判団もリプレー検証を実施し、大谷の足が捕手のタッチよりも早く本塁ベースに到達していることを確認。判定は覆り、6-3とする貴重な追加点となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト47年ぶりの90敗、残り7試合でワースト94敗の危機も
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
日本ハム斎藤佑樹、後輩清宮プロ入り判断「大正解」
多摩大目黒vs駒場学園
高校野球ドットコム
金本監督「片岡コーチの強い推し」ロジャース復帰弾
  • このエントリーをはてなブックマークに追加