「その進化は止まらない」久保建英がスペイン紙選定“世界で輝く8つの真珠”に

「その進化は止まらない」久保建英がスペイン紙選定“世界で輝く8つの真珠”に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/09/16
No image

10月6日にインドで開幕するU-17W杯での活躍が期待されるFW久保建英(FC東京U-18)が、「インドで輝く8つの真珠」の1人としてスペイン『マルカ』で紹介されている。

同紙は記事の3番目で「日本のメッシ」と久保を取り上げ、2011年にバルセロナの下部組織に加入した経歴を紹介。「この事実は彼に国際的な名声をもたらした」としているが、「バルセロナがFIFAから制裁を受けたため、自分の国に戻らなければならなかった」と、クラブの18歳未満の外国人選手獲得・登録違反の影響を受け、帰国を余儀なくされたエピソードについても触れている。

2015年3月にFC東京の下部組織に加入した久保は日本でも成長を続け、今年5月に15歳でトップチームデビュー。記事では「それ以来、彼の進化は止められない状況となっている」とレポートし、「インドでは、U-20代表に招集されて以来、2度目の世界大会に臨む」とU-20W杯に続く活躍を期待した。

U-17W杯でE組に入った日本は、10月7日にホンジュラス、11日にフランス、14日にニューカレドニアと対戦。日本サッカー協会(JFA)によると、U-17日本代表のメンバー発表は9月22日14時の予定となっている。

●U-17W杯インド2017特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「希望の星だ!」「恐れを知らない仕掛け」 強豪ポルト戦で輝いた中島翔哉を地元紙が賞賛
年俸50億円のテベスが中国サッカーを痛烈批判 「50年経っても同じレベルに達しない」
UEFA新大会「ネーションズリーグ」2018年秋開始。日本、欧州との対戦激減か
PKキッカー騒動はこれで手打ち? 謝罪したネイマールのリーグ戦欠場が決定
プレミア王者で適応力みせる仏代表MF、左車線には馴染めず交通事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加