空気のように軽い!超軽量でトラス構造のデザインが光るiPhoneバンパー「truss」

空気のように軽い!超軽量でトラス構造のデザインが光るiPhoneバンパー「truss」

  • Techable(テッカブル) -海外・国内のネットベンチャー系ニュースサイト
  • 更新日:2018/10/17
No image

iPhoneケースよりもバンパーを好む人は意外と多い。ケースはiPhone全体を覆ってしまうため、そのiPhoneの美しい外観デザインを損なってしまうこともあるからだ。また、ケースの重さを気にする人もいるだろう。

そんなバンパー好きな人が一瞬目を引いてしまうのが、今回紹介するiPhoneバンパー「truss」だ。

・トラス構造がユニークで機能性もグッド

No image

本バンパーは、三角形が繋ぎ合わさって構成された「トラス構造」の技術を採用しており、見た目が大変ユニークだ。素材はナイロン樹脂で、テニスのガットと同じ素材だそうだ。

トラス構造で隙間が開いているおかげで、バンパーをつけた時特有の圧迫感もなく、iPhoneの美しいラインが引き立つようなデザインとなっている。なお、この隙間にはストラップも通せるので、首掛け利用にも向いている。

・重さはたったの約6g

No image

iPhoneケースだと一般的に10gあたりだと軽いといわれるが、本バンパーはたったの約6gとのこと。握った時の厚みが増すのは避けられないが、重量に関しては決して気にならない仕上がりといえるだろう。

もちろん、装着したままボリューム/電源ボタンの操作やLightningケーブルの接続も可能だ。背面カメラのでっぱりも考慮したデザインとなっているのも嬉しい。

trussは今ならMakuakeにて1つ2430円(税込)から出資注文でき、製品は2019年2月末までに発送予定のようだ。モデルもiPhone XS/XS Max/XR用それぞれ用意されている。ちょっと変わったバンパーを探していたという人はチェックしてみては?

執筆:Doga

truss/Makuake

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Appleカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
一部ユーザーのApple IDがロックされる原因不明の現象が発生中!
ケータイ回帰が進行中!?この冬の最新スマホの選び方
Apple Watchマスターが使いこなしている19のこと
ついに!iOS が12.1に進化してiPhoneのeSIMが使えるはずが...
Apple、T2セキュリティチップはサードパーティー修理を防ぐ機能があることを認める
  • このエントリーをはてなブックマークに追加