ブンデスとセリエA屈指のFWが“衝撃トレード”!? 伊紙がインテルの“新エース”候補に言及

ブンデスとセリエA屈指のFWが“衝撃トレード”!? 伊紙がインテルの“新エース”候補に言及

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/11/12
No image

バイエルンがイカルディに興味か 代わりにインテルはレバンドフスキをリストアップ

日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、チーム得点王のアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディの引き抜きに遭った場合、“エース強奪”で穴埋めするプランを温めているという。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

インテルのキャプテンを務める24歳のイカルディは、今季リーグ戦全12試合に出場して11ゴールと得点を量産し、ナポリ、ユベントスに次いで3位につけるチームを牽引している。

そんな“絶好調男”を狙っているクラブがある。ドイツの絶対王者バイエルンだ。記事によれば、イカルディは2021年6月まで契約を残しており、破棄には1億1000万ユーロ(約145億円)の違約金を要するが、獲得候補としてリストアップしているという。

得点源を放出するとなれば、戦力ダウンやチーム再編は避けられない。もっとも、インテルも手をこまねいているつもりはないようだ。代わりに、バイエルンのエースであるポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキを獲得する算段だという。

欧州最強ストライカーとも呼ばれるレバンドフスキは、リーグ戦11得点と得点王レースで首位に立っている。ブンデスリーガとセリエAを代表する点取り屋の“衝撃トレード”は実現するのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>U20中国代表、0−3敗戦も「祖国のための勝利」と中国メディアが称賛した理由
17歳中村敬斗がシュトゥットガルトの練習参加。U-17W杯では4得点の活躍
レアル主将ラモス、ダービーで鼻骨折 衝撃の“顔面キック”に海外騒然「新しい鼻が必要」
審判の判定 バルサ不服訴える
浦和FWのSNSに人種差別コメント相次ぐ。自ら「肌の色に誇りある」と反論
  • このエントリーをはてなブックマークに追加