【レース・トゥ・深セン】大坂なおみ 変わらず4位。上位11人には変動なし

【レース・トゥ・深セン】大坂なおみ 変わらず4位。上位11人には変動なし

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2019/06/26
No image

シーズン最後に年間の上位8選手で競う「WTAファイナルズ・深セン」への出場権を巡る「レース・トゥ・深セン」。WTA(女子テニス協会)が6月24日付けのレースランキングを公表し、大坂なおみ(日本/日清食品)は前週から変わらず4位につけている。

現在1位は、前週行われた「バーミンガム・クラシック」で出場2大会連続優勝を果たした、23歳アシュリー・バーティ(オーストラリア)。4,645ポイントで、2位とは1,120ポイント差に広げた。

トップ11位までは順位の変動がなかった一方、17歳ながら全仏ベスト4入りの新星アマンダ・アニシモワ(アメリカ)は前週の「マヨルカ・オープン」でベスト8入りし、ひとつ上げて12位となった。

◇   ◇   ◇

【6月24日付レース・トゥ・深セン ランキング】
順位 名前(国籍) ポイント

1.アシュリー・バーティ(オーストラリア) 4,645
2.ペトラ・クビトバ(チェコ) 3,525
3.カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 3,456
4.大坂なおみ(日本/日清食品) 3,146
5.キキ・バーテンズ(オランダ) 2,961
6.ベリンダ・ベンチッチ(スイス) 2,599
7.マルケタ・ボンドルソバ(チェコ) 2,350
8.シモナ・ハレプ(ルーマニア) 2,327
9.ジョハナ・コンタ(イギリス) 1,963
10.ビアンカ・アンドレスク(カナダ) 1,827
11.アンジェリック・ケルバー(ドイツ) 1,740
12.アマンダ・アニシモワ(アメリカ) 1,554
13.エリナ・スビトリーナ(ウクライナ) 1,508
14.ペトラ・マルティッチ(クロアチア) 1,472
15.ドナ・ベキッチ(クロアチア) 1,387

(テニスデイリー編集部)

※写真は「バーミンガム・クラシック」での大坂なおみ
(photo by Roger Evans/Action Plus via Getty Images)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
優勝のハレプ「母の夢だったんです」。セレナに圧勝でルーマニア勢初の快挙[ウィンブルドン]
ハレプ、ルーマニア選手初のウィンブルドン制覇
ハレプ初V セリーナに完勝
ウィンブルドン早期敗退のケルバー、コーチとの師弟関係を解消
ハレプ初V「一生忘れない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加