スペイン軍戦闘機が墜落、操縦士1人死亡 祝日の軍事ショーで

スペイン軍戦闘機が墜落、操縦士1人死亡 祝日の軍事ショーで

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/10/13
No image

スペイン・マドリードから南東300キロに位置するアルバセテにある軍事基地付近で、墜落した戦闘機の残骸のそばを歩く兵士ら(2017年10月12日撮影)。

【AFP=時事】(写真追加)スペインで12日、祝日に合わせて行われた軍事ショーに参加していた戦闘機が墜落し、操縦していたパイロットが死亡した。国防省が発表した。

同省は声明で、「着陸体勢に入っていたところで墜落した同機のパイロットが死亡した」と発表。同国軍の参謀長もツイッターの公式アカウントで、パイロットの死亡を認めた。

現場は首都マドリードから300キロ南東に位置するアルバセテにある軍事基地付近。地元メディアは、墜落したのは戦闘機「ユーロファイター」だと報じている。

スペインでは、10月12日はクリストファー・コロンブスが1492年に新世界に初到着したことを記念する祝日となっている。

同国はカタルーニャ自治州の独立問題をめぐり、近年最大の政治危機に見舞われている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】今市事件の控訴審 自白の信用性は...
アメリカ人の半数近くが異星人の存在を信じており、地球を監視するために定期的に訪れていると思っている(最新調査)
飼育放棄された犬を緊急トリミング トリマーも大変身した姿に涙(米)
ラッカ陥落は「悪いニュース」 避難民が直面する“次の苦難”
今週、北朝鮮と米国の戦争開戦リスク高まる...英国も参戦準備、NATO参戦も

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加