デビュー半年の芸人、年収3,600万!? フット後藤も驚き

デビュー半年の芸人、年収3,600万!? フット後藤も驚き

  • RBB TODAY
  • 更新日:2018/02/14
No image

後藤輝基(撮影:椿山)

2月13日に放送された「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)に異色の経歴を持つ芸人が登場し、スタジオが騒然となった。

男女によるお笑いコンビ「私と社長。」。男性のほう“社長”こと尼木雄愛は、芸人をするかたわら「センチュリー21西日本不動産」の社長をしているという。自宅は元値で1億2,000万円の4LDK、愛車は850万円のレクサスだという。さらに年収が3,600万円と発表されると、出演者からひときわ驚きの声があがった。

相方の女性・古川モカは17歳。長身を生かしモデル活動も行っているという。吉本のお笑い養成学校NSCで出会った2人はまだ芸歴半年。尼木はNSCに通った理由として、「お金と時間に余裕ができたので」と語っていた。

フットボールアワー・後藤輝基が「ノリでオレになんぼまでくれる?」と尼木さんにシャレで聞くと、彼は一瞬考えこみ、「200万円」とひと言。そのリアルな数字に大きなどよめきが起き、後藤も「なんやねんコイツ」と半ばキレ気味だった。

ちなみに彼らのネタは、愛想もなくやる気のないモカに、尼木がその都度50万円といった大金をあげてモチベーションをアッブさせるという漫才。それを見た後藤は「どんな漫才やねん!」とツッコんでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イッテQ、イモトの“落下ハプニング”に衝撃「普通に事故」
「大杉漣さんが“ゴチ”で自腹」視聴者の涙誘う
【衝撃】カーリング女子吉田知那美さん、ラブライバーだった! 突然の「にっこにっこにー」にネット混乱トレンド1位
「恋んトス」史上最年少ギャル!現役JKの“ちなみ”が「おもしろ可愛い」と話題【注目の人物】
ロンブー・田村淳の青学大「全学部不合格」に批判殺到
  • このエントリーをはてなブックマークに追加