市場のプロに聞く〝名古屋の台所〟柳橋中央市場の歩き方

市場のプロに聞く〝名古屋の台所〟柳橋中央市場の歩き方

  • @DIME
  • 更新日:2017/12/06

日本の大動脈、東海道新幹線により繋がる東京駅、名古屋駅、新大阪駅周辺は、都市の顔として個性的な発展を遂げてきた。

中でも名古屋駅前は、1999年に竣工したJRセントラルタワーズをはじめ、大名古屋ビルヂング、シンフォニー豊田ビルなどの高層ビルが建ち並び、その進化に驚かされるばかり。名駅エリアを歩いていても、つい上を見てしまい、首が痛くなるほどだ。

ところが……。高層ビルの谷間をわずか5分も歩くと、昭和の香り漂う喧騒の世界に遭遇する。名古屋、いや東海の台所と呼ばれる「柳橋中央市場」だ。

■近代的な街並みの中にある異空間

朝7時。駅前の近代的なオフィス街はまだ静かだ。地下街を利用する人が多いのも理由のひとつだろうが、人の姿をあまり見ない。高層ビルと車だけが目立っている印象だ。

しかし、少し路地に入ると様子は一変。いきなり道路狭しと並べられた発泡スチロール製トロ箱の山に遭遇する。そういえば魚の臭いも感じる。あらためて周囲を見渡すと、軽トラックが目につき、道行く人たちの長靴率とおやじ率も高い。正統派市場の風情そのものだ。

No image
No image

柳橋中央市場は4000坪弱のエリアに約200店舗を要する、東海圏を代表する民間卸小売り市場だ。この“民間”というのが特長で、全国的に知られる築地は東京都中央卸売市場の正式名称からもわかるように公設。一方の柳橋中央市場は、明治時代後期に自然発生的に始まった万物問屋をまとめた形で開設という違いがある。

市場で目立つ店は魚関連。近隣の三河湾、伊勢湾の幸はもちろんのこと、マグロや加工品に特化した店などもズラリ並ぶ。ほかにお茶や練り物、肉に野菜。市場ならではの食堂も点在する。

■プロはもちろん一般人の買い物もOK

市場の中核をなすのは、マルナカ食品センタービル(中央市場総合食品センター)、中央水産ビル(名古屋中央市場水産物協同組合)、名古屋綜合市場ビル(名古屋綜合市場)の3つ。建物内には大小店舗が連なり、その間の通路をプロの料理人たちが足早に行き来し、キロ単位の買い物をしていく。

No image

5~7時くらいまでの早い時間はプロのための市場を感じさせるが、前述のようにここは小売市場という顔も持つ。築地でいうなら場外のような存在なので、プロの買い物が一段落した後の8~9時頃になると、食にこだわりのある一般人の姿が多くなる。

なぜ一般人と分かるのかというと、理由はその買い方。プロは目指す場所に足早にやってきて「おはよー、今日は〇〇ある?」と単刀直入。短い時間で商いが成立する。一般人は市場内を歩く速度がゆったり。あちこちの店を覗きこみながら物色する姿が目立つ。その違いを見ているだけでも面白い。

No image

とはいえ、一般人が柳橋で賢い買い物をするにはある程度の経験と知識が必要だ。そこで、市場をよく知る人物にアドバイスをお願いした。

■足しげく通えばいい関係ができ、おのずとよいものが手に入る

お答えいただいたのは、名古屋綜合市場の代表取締役、伊藤彰さん。

No image

(一般人が買い物するのに推奨する時間帯は?)

やはり、プロの買い物が終わる8時以降ですね。プロとの真剣勝負が終わり、さて店のかたづけでもしようかという時間帯なら、一般の方の相手もしやすいし、求めるものへのアドバイスもできますよ。

(少量でも売ってくれるの?)

初めての店でいきなりさんま一尾頂戴というのもできなくはないですが、ここは相対商売が基本。まずは足しげく通い、相対商売の醍醐味を楽しみ、顔を覚えてくれる店を作ることで、よい買い物ができるようになりますよ。

(柳橋市場ならではの楽しみ方は?)

市場は安さを追求しているだけではありません。他では手に入らない良いものを、お値打ちな価格で売っているところと考えてください。柳橋だからこそ手に入る、地元三河湾や伊勢湾の良質な鮮魚などはとくに違いがわかると思います。

No image

(イベントなども開催しているそうですね)

最近だと11月20日~12月9日の間、弊社の市場(名古屋綜合市場)内にある25店舗の「はっぴ」を名古屋モード学園の学生さんにデザインしてもらい、グランプリを決定するコンテストを開催しています。

No image

(年末に向けてのアドバイスがあればお願いします)

おかげさまで年末12月28~31日は一般のお客様がたくさんいらっしゃいます。この期間だけは、一般のお客様がメーンといってもいいでしょう。とくに最近のピークは30日の7~9時くらいで、通路がおしくらまんじゅう状態になります。人気の品はお正月用品ということで、マグロやすき焼き用のお肉、カニなどです。

No image

最終日の31日は掘り出し物を探すお客様が大勢いらっしゃいます。元旦に食べる鮮魚を買うならこの日がよいと思います。ほか、名古屋の雑煮に入れるかしわ(鶏肉)や、名古屋かまぼこなども、よく売れています。

No image

この年末、あなたも柳橋デビューしてみてはいかが?

(市場の詳細データは以下の取材協力会社のHPを参照)
名古屋綜合市場㈱http://www.sougou-shijou.co.jp/
中央市場総合食品センター㈱http://www.marunaka-center.co.jp/

文・写真/西内義雄
医療・保健ジャーナリスト。専門は病気の予防などの保健分野。東京大学医療政策人材養成講座/東京大学公共政策大学院医療政策・教育ユニット、医療政策実践コミュニティ修了生。高知県観光特使。飛行機マニアでもある。JGC&SFC会員。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【ネトゲの嫁が】男子がネットで美女と大恋愛 → オフで会ってみた結果...嫁の姿にネットユーザー同情「2017年最大の悲劇だ」
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
【これはヒドイ】中国の航空会社で “CAが機内食をつまみ食い” する姿が激撮 → 停職処分に / その後、信じられない動機が発覚
「和式便器は金隠し側を後ろに座るのが正解」Twitterで拡散 TOTOに聞いて真偽を確かめてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加