ドコモ冬春モデル発表会をおさらい - 驚きの「カードケータイ」登場、ゲストは星野源さんら

ドコモ冬春モデル発表会をおさらい - 驚きの「カードケータイ」登場、ゲストは星野源さんら

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/10/18
No image

●ドコモ2018年冬春は新たに9機種!

NTTドコモは17日、2018-2019冬春モデル発表会を開催しました。スマホ5機種、ケータイ2機種など全9機種がラインナップに加わります。また、金融サービスに関する新たな取り組みも発表。ゲストには、CMキャラクターの星野源さんらが訪れました。本稿で、ドコモの2018-2019冬春モデルを順を追っておさらいしていきましょう。

○ドコモ2018年冬春モデルの特徴は?

冬春モデルに追加されるスマートフォンは「Galaxy Note9 SC-01L」(発売日は10月25日)、「Xperia XZ3 SO-01L」(11月上旬)、「Galaxy Feel2 SC-02L docomo with」(11月上旬)、「AQUOS sense2 SH-01L docomo with」(今冬)、「らくらくスマートフォン me F-01L docomo with」(2019年春)。すでに発表されている「Google Pixel 3」「Google Pixel 3 XL」(ともに11月1日)を含めて、スマホは全7機種で展開します。

Galaxy Note9とXperia XZ3は、ハイスペックな冬春モデルを探しているユーザーに最適な端末。Galaxy Note9はSペンのBluetooth対応により、リモートコントロールが可能となりました。Xperia XZ3はシリーズで初めて有機ELを採用、液晶ブラビアの美しさをモバイルで再現しています。

一方でdocomo with対象となるのが、Galaxy Feel2、AQUOS sense2、らくらくスマートフォン meの3モデル。毎月1,500円が割り引かれるので、運用コストをグンと下げることができます。高パフォーマンスでAR絵文字やセルフィーが楽しいのがGalaxy Feel2、コンパクトな使いやすさと防水の安心感があるのがAQUOS sense2。らくらくスマートフォン meは、アイコンサイズが大きく見やすく進化しています。

このほかケータイが2機種、モバイルWi-Fiルーターが1機種、ワンナンバーサービス対応製品が1機種追加されます。「AQUOSケータイ SH-02L」(発売時期は2019年春)は、でかレシーバーの大きさが15%アップするなど聞きやすさ・見やすさが向上したフィーチャーフォン。Wi-Fiルーターの「Wi-Fi STATION HW-01L」(2019年春)では、下り最大1288Mbps(国内最速)、上り最大131.3Mbpsに対応しています。

○世界最薄、最軽量のカードケータイ現る

そして冬春モデルには、驚きの端末も登場しました。そのひとつが「カードケータイ KY-01L」(発売時期は11月下旬)。Amazon Kindleでもおなじみの電子ペーパー(E-Ink)を利用した名刺サイズのドコモ ケータイで、通話はもちろん、VoLTEやWi-Fiテザリングにも対応しています。

実際に手に取ると、そのコンパクトさが非常に魅力的でした。E-Inkのため目に優しく、またバッテリーも長持ちすることでしょう。フリック入力にも対応しているので、ストレスがありません。Webサイトを閲覧すると、画面の遷移についてはもたつく場面もありましたが、これは仕様と割り切れるレベル。2台目需要として、人気が出そうな予感です。

●星野源さんがCMロケで行きたい場所は?

この後、同社の新CM「星プロ」シリーズに出演している星野源さん、新田真剣佑さん、浜辺美波さんが登壇。ドニマル、コスモフ、モンジュウロウなどのキャラクターと一緒にトークセッションを行いました。

まだ学生の浜辺さんは「(家族3人で利用すれば)月額1,980円~で利用できるdocomo withはお得。学校のみんなにも宣伝したい」、カメラが好きという新田さんは「カメラ機能が楽しいモデルが増えて嬉しいですね」と冬春モデルを紹介。星野さんは「CMも、これからますます楽しくなっていきます。ご期待ください」とアピールしました。

ちなみに星野さんは、CMのロケでハワイまで行きたいとのこと。登壇したNTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏に「ハワイまで連れて行ってくださいよ」とお願いする一幕もありました。

壇上では、Galaxy Note9のSペンをリモートシャッターにして記念写真を撮影。この日、登壇できなかったコスモフ役の長谷川博己さんにメッセージを送っていました。

○iPhoneとPixelの2トップ戦略?

発表会の終了後、吉澤社長は囲み取材に対応しました。

Google Pixel 3を投入した狙いについて問われると「AndroidのOSを握っているGoogle社が出すモデル。Androidスマートフォン全体の底上げにつながるのでは、と期待しています。どのくらい売れるか、それは我々のPR次第なので、しっかり対応していきたい」と回答。iPhoneとの2トップとして販売していく考えは、と聞かれると「2トップ戦略というのは、なかなか難しいんです。以前、そういうこともやりましたが、今のところは考えていません」と話していました。

●金融機関と連携した取り組みも

発表会では、NTTドコモによるFinTechの新たな取り組み「ドコモ レンディングプラットフォーム」も発表されました。金融機関に向けてドコモのビッグデータを活用した「ドコモスコアリング」を提供し、利用者にはスマホアプリ「レンディングマネージャー」を提供。ドコモが提供する各種サービスとの連携も考えています。

具体的な内容は、例えばドコモスコアリングは、ドコモ契約者の各種サービスの利用状況などを元に信用スコアを算出、それを金融機関のローン審査などに活用してもらおうというもの。金融機関は、消費者個々人の状況に合わせた適切な金利・貸出枠を設定できるようになります。すでに新生銀行が、本サービスの利用を発表しています。

私たち消費者にメリットが考えられるレンディングマネージャーでは、金融機関での借入から返済までの手続きをスマホアプリだけで完結できます。また家計の状況から、最適な返済計画をアドバイスしてもらうことも可能。この分野では、マネーフォワードとの提携が決まっています。

ドコモでは、このレンディングプラットフォームにより金融機関とドコモ契約者をつなぐことでユーザーのライフプランを応援し、ライフスタイルの革新を目指していくと説明します。吉澤社長は「これまでドコモが培ってきたアセットを活用し、パートナー企業との協創によってFinTechの取り組みを進めていきます」と話していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
65V型で税別8万円切りの4Kテレビ、ミスターマックスで販売
トリプルファンもいける大型サイドフローCPUクーラー
さよなら「キログラム原器」 - 130年ぶりに定義が変わる「質量」
【価格調査】SanDisk X600が下落、2TBが4万円割れ
サンコー、水をためるだけで洗濯できるUSB接続のミニ洗濯機を発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加