PK戦やり直し問題の審判 活動停止処分へ 08年以来の裁定

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/06/13

日本サッカー協会の審判委員会は12日、天皇杯2回戦の名古屋-奈良クラブ(6日、パロマ瑞穂)で競技規則適用ミスによるPK戦のやり直しとなった問題で、主審に3カ月、両副審に2カ月の審判活動停止処分を科すことを決めた。

審判活動停止は08年ゼロックス・スーパー杯の鹿島-広島戦で警告11人、退場3人を出した主審に無期限活動停止処分(4カ月で復帰)を科して以来で、極めて重い裁定が下った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
韓国GKチョ・ヒョヌ抜てき大当たり 前半活躍、W杯サイト「誰が第3GKだなんて...」
西野監督“奇跡”学生時代から 別選手の得点が「西野決勝ゴール」
先輩・西野監督の姿に岡ちゃん感涙!?解説で声を詰まらせる「ジーンときますね」
Jユース出身者の数で見る、いまの日本代表の「ほんとの強さ」
韓国GKチョ・ヒョヌが神がかりセーブ 右膝付近で至近距離シュート防ぐ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加