土壇場MPしのぎ16強入り

土壇場MPしのぎ16強入り

  • tennis365
  • 更新日:2018/04/17
No image

3回戦進出を果たしたティーム : 画像提供 ゲッティ イメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は17日、シングルス2回戦が行われ、第5シードのD・ティーム(オーストリア)が世界ランク33位のA・ルブレフ(ロシア)を5-7, 7-5, 7-5の逆転で下し、3年連続3度目のベスト16進出を果たした。

>>錦織vsメドヴェデフ 1ポイント速報<<

>>錦織らモンテカルロ対戦表<<

終始拮抗したこの試合、第1セットは第10ゲームまでサービスキープが続いたが、20歳のルブレフが第11ゲームでブレークに成功し、第1セットを先取。

続く第2セットもサービスキープが続く中、第12ゲームで24歳のティームが均衡を破り、セットカウント1−1とする。

ファイナルセットではティームが先にルブレフのサービスゲームを破ったが、その後4ゲーム連取を許してしまう。さらに第10ゲームではマッチポイントを握られる崖っぷちを迎えたが、そこからブレークバックに成功して3ゲーム連取する反撃を見せ、2時間40分で勝利した。

3回戦で世界ランク7位のティームは、第9シードのN・ジョコビッチ(セルビア)と同39位のB・チョリッチ(クロアチア)の勝者と対戦する。

今年2月のアルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、レッドクレー、 ATP250)で通算9勝目をあげたティームだったが、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、 ハード、ATP1000)3回戦で右足首を捻って途中棄権。その後のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)を欠場し、ルブレフとの2回戦は約1カ月ぶりの公式戦だった。

一方、敗れたルブレフは初のマスターズ3回戦進出とはならなかった。

4月15日開幕の男子テニス モンテカルロ・マスターズをWOWOWメンバーズオンデマンドにて全日程無料配信中。

【配信予定】
2018年4月15日(日)〜4月22日(日)
■詳細・配信スケジュールはこちら>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
錦織 今季初V王手!世界4位ズベレフ下す 決勝はVSナダル
杉田 錦織との2回戦ならず
錦織22位に浮上 日本勢ランク
ナダル、ATPタイトル数を76とし、4位のマッケンローにあと1つと迫る[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ]
【速報】錦織、多彩なショットで第2セットを奪い返す[男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 モンテカルロ]
  • このエントリーをはてなブックマークに追加