勅使河原弘晶が2階級制覇「現代の輪島功一になる」

勅使河原弘晶が2階級制覇「現代の輪島功一になる」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/10/11
No image

2階級制覇の勅使河原弘晶(左)と輪島功一会長

<ボクシング東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ12回戦>◇11日◇東京・後楽園ホール

東洋太平洋スーパーバンタム級5位勅使河原弘晶(28=輪島功一スポーツ)が2階級制覇に成功した。同級9位グレン・サミンギット(29=フィリピン)を相手に3度ダウンを奪い、5回1分10秒KO勝ち。2度防衛したWBOアジア太平洋バンタム級王座に続き、2本目のベルトを手にした。

1回にまずは右フックでダウンを奪った。3回にも右を効かせての連打から左ストレートで2度目。5回に右を突き上げて、ガードの上からも3度目のダウンで10カウントに仕留めた。輪島会長から「パンチ力があるからガードの上からでも打て」と指示されていた。その言葉を信じて倒した。

階級を上げたことで「ナチュラルに動ける。パンチ力も耐久力も上がった。適性階級」と大きな手応えも得た。輪島会長の自伝を読んで、迷うことなく入門した。目指すのは3本目のベルトとなる世界王者だ。「ぼくには昭和の輪島功一の魂が宿っている。現代の輪島功一になる」と宣言した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Fカップのプロボクサー郷司利也子。過酷な減量で胸のサイズが...
メリンド計量ギリギリパス...王者・拳四朗もビックリ
井上に敗れたパヤノ「井上は強い。パンチが全く見えてなかった」
井上尚弥、衝撃のKO劇から一夜「アドレナリンが出すぎて寝れないよ」
衝撃KO負けのパヤノ「(KOパンチは)見えなかった」【一問一答】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加