ストレスチェック、実施率・受験率が低い雇用形態は?

ストレスチェック、実施率・受験率が低い雇用形態は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

情報基盤開発はこのほど、ストレスチェックの実施・受検状況に関する調査結果を発表した。調査期間は2017年6月13~15日、調査対象は20歳から59歳までの週30時間以上勤務している就業者(自営業・自由業・経営者を除く)、有効回答は400人。

○実施率・受験率、50人未満の事業所で低い結果に

事業場規模別のストレスチェック実施・受検状況を調べると、ストレスチェックの実施が努力義務となっている従業員数50人未満の事業場では、実施率16.7%~35.6%、受検率14.8%~27.1%と、実施率・受検率ともに非常に低いことがわかった。

一方、ストレスチェックの実施が義務化されている従業員数50人以上の事業場でも、実施率・受検率ともに7割未満にとどまり、課題がみられる結果となった。

雇用形態別にみると、正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイト、その他のいずれも約4~5割がストレスチェック未実施であることが判明。特に未実施率が高かったのは派遣社員(36.9%)とパート・アルバイト(28.9%)で、受検率(派遣社員26.3%、パート・アルバイト23.7%)も低い傾向がみられた。

雇用形態別に個人のストレス程度を調べると、「高い」「やや高い」と答えた割合が最も高かったのはパート・アルバイトの71.0%。次いで正社員の57.7%となった。

働き方別にストレスチェック実施・受検状況をみると、実施率が最も低かったのは「飲食業、小売業などの店舗」の25.0%。以下、「学校等で人に教える仕事」の35.7%、「工場などの製造現場」の35.9%、「営業等で外回り」の39.5%と続いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
加熱式タバコ、半年吸ったら健康になった!?
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
「キラキラネーム」が原因でいじめられた女性 「親を恨みます」に同情の声も
1日1回のオーガズムで医者いらず!実は、女性の万能薬
【衝撃】リモコンにアルカリ電池を入れてはいけない本当の理由をマンガで解説! 愚か者が陥りがちな“乾電池の落とし穴”とは!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加