最新ランキングをチェックしよう
血を吸った蚊が死ぬようになる薬品「イベルメクチン」はマラリアを20%も減らす

血を吸った蚊が死ぬようになる薬品「イベルメクチン」はマラリアを20%も減らす

  • GIGAZINE
  • 更新日:2019/03/19

By icon0.com
コロラド州立大学のチームが率いる研究によると、「イベルメクチン」を使用した薬を服用した人の血液は蚊にとっての致命的な毒となり、蚊が媒介して年間50万人以上もの犠牲者を出しているというマラリアを20%も抑制できたとのこと。イベルメクチンの摂取による人への致命的な副作用はほぼ見られず、マラリア対策に大きな効力を発揮することになるかもしれません。
Efficacy and ri

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ緑色の石を浜辺に敷き詰めることで地球温暖化を防ぐことができるのか?
今年のブループラネット賞にベルギー、米国の2氏に
どこでもサイエンス 第160回 スゴイぜ! はやぶさ2!! - で、これからどうするの?
ダウン症の胎内治療に期待 - 京都薬科大、脳発達不全関与の遺伝子を特定
全長8,850kmにもおよぶ群落も...。大西洋にて海藻が異常発生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加