SEKAI NO OWARI、全国ツアー「The Colors」さいたまスーパーアリーナ公演が開催

SEKAI NO OWARI、全国ツアー「The Colors」さいたまスーパーアリーナ公演が開催

  • ぴあニュース
  • 更新日:2019/06/21

SEKAI NO OWARIが、「SEKAI NO OWARI TOUR2019『The Colors』」の埼玉公演を本日6月19日、さいたまスーパーアリーナにて開催する。

『Tree』から約4年ぶりとなるニュー・アルバム『Eye』と『Lip』を、2月27日に2枚組でリリースしたSEKAI NO OWARI。『Eye』の収録曲はシングル曲『ANTI-HERO』『SOS』など全13曲、『Lip』の収録曲はシングル曲『RAIN』『Hey Ho』『サザンカ』『イルミネーション』など全13曲が収められる計26曲の大ボリューム。Nakajin(サウンドプロデュース/Gt)、Fukase(Vo/Gt)、Saori(ショープロデュース/Pf)とグループ内の3人が制作できるという強みを最大限に生かし、作詞作曲を割り振り、曲によっては共作し、彼らの強みでもある幅広いバラエティの楽曲群を縦横無尽に生み出した作品となっている。

また、アルバム『Eye』のラストを飾る『スターゲイザー』のミュージックビデオに平手友梨奈(欅坂46)が出演。楽曲の作詞作曲であるFukaseがストーリーの原案を考えていた際、自身のイメージする主人公のキャラクターが欅坂46の平手友梨奈と重なり、出演をオファー。以前NHKで対談していたことなどもあり、平手はオファーを快諾した。歌の中にある“普通の日常”を生きる少女を、平手が演じており、満月をバックにシルエットで踊るシーンを入れたい、というFukaseのアイデアから、満月のタイミングや天候、平手のスケジュールなど含め、構想から約1年半をもかけてMVが制作されたという。命を削って踊る様な、息を飲むエンディングのダンスシーンは圧巻だ。監督は、SEKAI NO OWARI『サザンカ』なども手がける藤代雄一朗が担当した。

SEKAI NO OWARI「スターゲイザー」

『Eye』と『Lip』を携えて行われる全国ツアーのタイトルは「The Colors」。クラシック、ロック、ダンスミュージックなど、メンバーの持つ多彩な音楽的素養が入り混じった折衷的な音楽性を一言で表したような言葉である。『Eye』はダークサイド、『Lip』はポップサイドと銘打たれていたが、相対しながらも共存し合うその二つの世界観を、ライブではどのように見せてくれるのか、楽しみである。

ツアー情報

「SEKAI NO OWARI TOUR2019『The Colors』

6月21日(金)埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
6月22日(土)埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
6月23日(日)埼玉県・さいたまスーパーアリーナ
7月10日(水)徳島県・アスティとくしま
7月11日(木)徳島県・アスティとくしま
7月20日(土)新潟県・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
7月21日(日)新潟県・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
7月24日(水)千葉県・幕張メッセ(国際展示場 4~6 ホール)
7月25日(木)千葉県・幕張メッセ(国際展示場 4~6 ホール)
8月8日(木)静岡県・静岡エコパアリーナ
8月9日(金)静岡県・静岡エコパアリーナ
8月24日(土)三重県・サンアリーナ
8月25日(日)三重県・サンアリーナ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テミン(SHINee)、ツアー中に自身がフライング発表してしまった新作タイトルを正式発表
ミュージカル『怪人と探偵』 中川晃教・加藤和樹・大原櫻子のコメント&劇中歌映像を公開
飽きずに延々と聴いていられる曲ってある?
清水あいり、中毒性溢れるサウンドに乗せて“あざとい女子”のエピソードを語る「関西弁あいうえお」配信リリース決定!
グラビアアイドル・清水あいり、男を惑わす「関西弁あいうえお」で歌手デビュー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加