死去の衣笠祥雄さん、直前の野球中継でも「変調」話題に かすれ声振り絞り...それでも続けた解説

死去の衣笠祥雄さん、直前の野球中継でも「変調」話題に かすれ声振り絞り...それでも続けた解説

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/04/24

プロ野球解説者の衣笠祥雄さんが亡くなったことが2018年4月24日、分かった。71歳だった。

No image

衣笠さんは47年1月18日生まれ、京都府出身の元プロ野球選手で、現役時代は広島カープの打者として活躍。

ネット上でも心配の声相次ぐ

入団6年目の70年10月から、引退する87年まで2215試合連続で出場して鉄人と称された。87年には、プロ野球で2人目となる国民栄誉賞も受賞し、96年に野球殿堂入りした。衣笠さんの背番号3番は広島カープの永久欠番になっている。

引退後は野球解説者としても活躍し、直近では19日に行われたDeNA-巨人戦でも解説を務めた。

しかし、硬い表情を浮かべてかすれた声で話す姿に、ネットでは体調を心配する声が多数寄せられていた。特に声については、聞き取りづらい場面が多く、「声がヤバすぎて試合に集中できない」「大丈夫なのか!? 心配だ」といった声が多数書き込まれていた。

直前の取材では事務所は「体は大丈夫」と話していた

20日にJ-CASTニュースが試合を中継したBS-TBSの編成局に取材したところ、声の変調について

「風邪をひいたと聞いています。風邪をこじらせて、せきが出る状態だということです」

と話し、また、所属事務所のキャスト・プラスの担当者も、「本人は、球場に自ら足を運ぶなど、仕事は普通にしており、体は大丈夫です」と、話していた。5月12日の中継でも解説する予定だったという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大商大リーグタイ4季連続V 全員丸刈りで敗者復活
【MLB】大谷翔平、連敗止める快投劇に“相方”トラウト絶賛 「非常に支配的」
【MLB】大谷、4勝&球団最速7戦50Kに地元メディア唖然「これは空前絶後のことだ」
【MLB】大谷、圧巻の打者12人連続凡退 7回に走者背負うも無失点で2点リード死守
内田監督辞任「誰も納得しない」日大関係者が断言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加