子宮筋腫、“切らない”手術とは? 子宮を残す「UAE」のメリット・デメリット

子宮筋腫、“切らない”手術とは? 子宮を残す「UAE」のメリット・デメリット

  • サイゾーウーマン
  • 更新日:2019/01/12
No image

40代女性の3~4人に1人は持っている「子宮筋腫」。子宮筋腫は症状により処置が必要なケースもあるが「下腹が出ている」程度では、なかなか手術に踏み切れない人も多いだろう。子宮筋腫の悩ましさはこの「命には別状はない」という点にある。

当連載では、1)社会復帰の早さと、2)対応医院の多さの観点から、「子宮動脈塞栓術(以下、UAE)」と「腹腔鏡手術」、2つの術式について取材を行っている。4回目となる今回は、UAE手術を1998年から行い3,500症例の実績を持つ調布keijinkaiクリニック・瀧康紀医師に話を伺った。

子宮筋腫を兵糧攻めにして「ミイラにする」UAE

――UAEは、カテーテルを脚の付け根から入れ、子宮筋腫につながる血管を塞いで血流を止めるという、いわば「子宮筋腫を兵糧攻め」にする治療方法とのことですよね。

瀧康紀医師(以下、瀧) はい。血管を塞ぐ物質にはエンボスフィアやゼラチンスポンジなどがあり、エンボスフィアなら健康保険が適用されます。当院ではゼラチンスポンジをどうしても希望する、というケースでなければ保険適用内のエンボスフィアを適用しています。

――子宮筋腫は女性ホルモンであるエストロゲンにより、大きくなるといわれていますよね。子宮筋腫への血管を塞いでも、エストロゲンの分泌自体は止まらないのでは?

瀧 通常エストロゲンの分泌は止まりません。エストロゲンを止めると生理もなくなってしまいますから。子宮筋腫につながる血管を塞ぐことで、「子宮筋腫を壊死」させてしまえば、いくらエストロゲンが出ても子宮筋腫は大きくなりません。ただし、データ的には45歳以上の方の約10%が、エストロゲンの分泌が低下することがあります。これは、UAEにより卵巣を栄養している血管もふさがれることがあるためと考えられています。

――「壊死」というのはどのような状況だと考えればいいんでしょうか?

瀧 「枯れる」というイメージですね。たくさん水が含んだスポンジから水が抜け、ミイラになるような状態です。「水」に該当する血液が送られなくなりますので。それに応じて、子宮筋腫の容積も小さくなります。平均するともとの3~4割の大きさになりますね。ただ、非常に小さくなるのもあれば、さほど小さくならないものもあります。

――術後、どのくらいで子宮筋腫は小さくなりはじめるのでしょうか?

瀧 縮小の傾向を見ると、UAE直後から縮小を開始し3~6カ月までは急速に縮小します。1年半ぐらいまでは縮小を続けますが、その後は縮小しないことが多いです。

――「小さい子宮筋腫がたくさん」の人もいれば、「大きいものが一つ」という方もいますよね。タイプによって、UAEの効果が違うことはありますか。

瀧 効果で見ればどういったケースでも大体一緒ですね。ですが「大きな子宮筋腫が1つ」より「子宮筋腫が多発」している方がUAEの出番とも言えます。「(子宮全体を摘出せず)子宮筋腫だけを核出する」手術の場合、数が多ければそれだけ核出の手間が増えてしまいますが、UAEなら一網打尽にできますので。なお、子宮筋腫は多発している方が再発はしやすいですね。

――UAEの治療のメリットについて教えてください。

瀧 社会復帰の早さです。入院は3泊4日、術後1週間でデスクワークができます。子宮全摘手術の場合1カ月ほどの入院になりますからね。手術時間も短く、1時間程度です。また、UAEは右の鼠径部(脚の付け根)からカテーテルを入れる手術になり、おなかに傷がつきません。鼠径部の跡も3週間もすれば消えますよ。注射をしたようなものですから。

ほか、子宮をなくす喪失感がないことや、二度、三度とUAEが繰り返しできるのもメリットと言えます。腹腔内操作がないため癒着が起きにくいという医学的なメリットもあります。

――UAEを受けられる患者さんの中で「子宮を残したい」という動機はやはり強いんですか

瀧 強いです。ですが、UAEといえども100%子宮が残る、というわけではありません。UAE後に感染を起こせば子宮の全摘出を行わざるを得ないケースもあります。僕は20年間で3,500件UAE手術を行いましたが、2例そういったケースがありました。

――手術を受けられる方は何歳くらいの人が多いのでしょうか。

瀧 平均すると43歳くらいですね。ただ、20代の方もいますし50代後半の方もいます。

――更年期が近い年代の方は、閉経になって子宮筋腫が小さくなるのを待てなかったのでしょうか?

瀧 はい。50歳で閉経するとは限りませんから。なお、アメリカのライス元国務長官も50歳で子宮筋腫のためUAE手術を受けたと公表していましたね。日本でも森三中の大島美幸さんがUAEを受けましたが、日本だと隠したがる人も多いですね。

――矢部みほさんもUAE手術を受けたとブログで公表していましたね。隠したがる人が多いのはどういった背景からなのでしょうか?

瀧 まず、子宮や卵巣、つまり女性生殖器の病気は隠したがります。またUAEという手術方法を知らず子宮そのものを摘出してしまった方にしてみれば、「あの人だけズルい」「知っていたら、私も全摘しなかったのに」という思いが生まれ、やっかまれてしまうからかもしれません。
******************
後編(1月12日公開)では引き続き瀧医師に、気になる費用や再発率についても話を伺う。
(石徹白未亜)

調布keijinkaiクリニックホームページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
彼と一緒に読もう!結婚生活が「幸せ」な人と「墓場」になる人の違い
セミは1週間で死んでしまう...は古い俗説【知らないと恥ずかしい!? 「平成31年版」理系の新常識】連載第1回
元アイドルが万引きで逮捕 「相当な上級者」「余罪ありそう」の声が出たワケ
【日本人が想像できない日本旅行】韓国人観光客が日本土産に買ったものが衝撃
罰則はどうなる?有給休暇取得のルールは4月からどう変わるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加