御嶽海、無敗キープ「まだ疲れていない」初Vの先に大関も視野

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/07/17

◇大相撲名古屋場所9日目 (2018年7月16日 ドルフィンズアリーナ)

御嶽海は無敗をキープした。学生相撲の1学年先輩で日大出身の大翔丸とは東洋大時代から胸を合わせてきたが、約2年ぶりの対戦で力の違いを見せた。学生時代との違いを聞かれると「地位じゃないですか」。

関脇の初日から9連勝は15日制となった49年夏場所以降で21人目で、過去20人は全て大関以上に昇進している。「まだ疲れていない」と元気いっぱいで、初優勝の先に大関も見えてきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃ノ心「まだ少し痛い。体重10キロぐらい落ちた」
稀勢の里、稽古再開「良くなっている」 御嶽海ら相手に9勝2敗
39歳安美錦が元気いっぱい、あえて若手と7番「東北にせっかく帰ってきたし」
独り暮らし蛇口から水...元小結板井さん急死だったか
稀勢の里に復活の兆し、先場所優勝の御嶽海に5勝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加