【難読ルーキー セ・リーグ編】阪神・馬場皐輔は「......すけ?」。今のうちに、ルーキーの名前を確認!

【難読ルーキー セ・リーグ編】阪神・馬場皐輔は「......すけ?」。今のうちに、ルーキーの名前を確認!

  • 野球太郎
  • 更新日:2018/01/12
No image
No image

続々とルーキーの入寮や自主トレのニュースが流れ始めたプロ野球。選手たちは環境を整えることがまず先決だが、この時期にファンができることといえば、なによりルーキーの名前を覚えること。最近は、キラキラネームの流行(?)もあって、ユニークな名前が多い。さらに、見慣れた漢字でも「そう読むの?」となるパターンもある。

キャンプ地や球場で見かけたときに、正しく声かけができるように、読みにくい新人選手たちの名前をしっかりチェックしておきたい。前回のパ・リーグ編に続いて、セ・リーグ編をいってみよう!

◎広島の難読ルーキー

1位:中村奨成(なかむら・しょうせい)
捕手/広陵高

6位:平岡敬人(ひらおか・たかと)
投手/中部学院大

育成1位:岡林飛翔(おかばやし・つばさ)
投手/菰野高

育成2位:藤井黎來(ふじい・れいら)
投手/大曲工高

育成1位の岡林飛翔の「つばさ」は、やや凝った読み方。ちなみに出身校の菰野は「こもの」と読む。先輩には、オリックスの西勇輝や巨人の辻東倫(つじ・はるとも)、楽天の山田大樹(やまだ・ひろき)らがいる。育成2位の藤井黎來の「れいら」も難読だ。黎明の「黎」と未来の「来」をとって、父が名づけたという。

◎阪神の難読ルーキー

1位:馬場皐輔(ばば・こうすけ)
投手/仙台大

2位:高橋遥人(たかはし・はると)
投手/亜細亜大

3位:熊谷敬宥(くまがい・たかひろ)
内野手/立教大

4位:島田海吏(しまだ・かいり)
外野手/上武大

漢字の馴染みの薄さでは、熊谷敬宥の「たかひろ」だろう。「宥」は「なだめる」という意味がある。ちなみに、熊谷と馬場皐輔(ばば・こうすけ)は、仙台育英高校時代のチームメイト。ソフトバンクの上林誠知(うえばやし・せいじ)も同級生だった。プロのステージで、どんな戦いを繰り広げるか興味深い。

◎DeNAの難読ルーキー

1位:東克樹(あずま・かつき)
投手/立命館大

2位:神里和毅(かみざと・かずき)
外野手/日本生命

3位:阪口皓亮(さかぐち・こうすけ)
投手/北海高

5位:櫻井周斗(さくらい・しゅうと)
投手/日大三高

6位:寺田光輝(てらだ・こうき)
投手/石川ミリオンスターズ

7位:宮本秀明(みやもと・しゅうめい)
内野手/パナソニック

8位:楠本泰史(くすもと・たいし)
内野手/東北福祉大

9位:山本祐大(やまもと・ゆうだい)
捕手/滋賀ユナイテッドBC

育成1位:中川虎大(なかがわ・こお)
投手/箕島高

7位の宮本秀明は、「ひであき」ではなく「しゅうめい」と読む。ほかにも1位の東克樹(あずま・かつき)、楠本泰史(くすもと・たいし)と、迷いそうな読みの選手も。育成1位の中川虎大(なかがわ・こお)は、剛球タイプの投手。阪神ファンの父の希望で「虎」の文字を入れたそう。

◎巨人の難読ルーキー

1位:鍬原拓也(くわはら・たくや)
投手/中央大

2位:岸田行倫(きしだ・ゆきのり)
捕手/大阪ガス

3位:大城卓三(おおしろ・たくみ)
捕手/NTT西日本

8位:湯浅大(ゆあさ・だい)
内野手/健大高崎高

育成1位:比嘉賢伸(ひが・けんしん)
内野手/盛岡大付高

育成2位:山上信吾(やまかみ・しんご)
投手/常磐高

育成4位:田中優大(たなか・ゆうだい)
投手/羽黒高

育成7位:折下光輝(おりした・こうき)
内野手/新野高

育成8位:荒井颯太(あらい・そうた)
外野手/関根学園高

昨季は11年ぶりにBクラスに沈んだ巨人。捲土重来を期して、本指名8人、育成枠8人と大量に若い力を集めた。選手数自体が多い割に、極端に難しい漢字はないが、読み方に迷う選手は多い。3位の大城卓三は「たくみ」と読む。人気女性芸人の定番フレーズ「たくぞうじゃねえよ!」との区別で覚えておくといいだろう。社会人日本代表にも選ばれた強肩捕手だ。

◎中日の難読ルーキー

育成1位:大藏彰人(おおくら・あきと)
投手/徳島インディゴソックス

育成2位・石田健人マルク(いしだ・けんとまるく)
投手/龍谷大

石田健人マルク(いしだ・けんとまるく)は、父親がベルギー人、母親が日本人というハーフ。カタカナ部分が最後につく珍しいパターンだ。最速151キロを誇るストレートにさらなる磨きをかけたい。ハーフらしいキリッとした顔立ちで、女性ファンに人気が出そう。

◎ヤクルトの難読ルーキー

6位:宮本丈(みやもと・たけし)
内野手/奈良学園大

宮本丈は「じょう」かと思いきや「たけし」と読む。2016年春の全日本大学野球選手権ベスト4の快進撃で驚かせた奈良学園大の出身。奈良学園大(2013年までは奈良産業大)からは、これまでに山井大介(中日)、桑原謙太朗(阪神)、湯舟敏郎(元阪神ほか)らが巣立っている。

文=藤山剣(ふじやま・けん)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「ヒール化」が始まった高梨沙羅 それでもメイクをやめられない“2つの理由”とは
DeNA・宮崎、今季は“香”打率!連続首位打者へ新兵器
飯塚高史vs葛西純 串刺し、のこぎり...壮絶流血戦
「松坂影武者」で森西武コーチを解任/担当記者メモ
劇的ビフォーアフター!阪神・藤浪、カーショー直伝カーブで復活手土産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加