ダイハツ、衝突回避支援システムを進化...対歩行者への自動ブレーキに対応

ダイハツ、衝突回避支援システムを進化...対歩行者への自動ブレーキに対応

  • レスポンス
  • 更新日:2016/11/30
No image

ダイハツは、歩行者へのブレーキ対応を追加した衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を開発、一部改良した軽乗用車『タント』などに搭載し、11月30日から販売を開始する。

スマートアシストは、交通事故低減を目的に、2012年に軽自動車で初めてダイハツが搭載した衝突回避支援システム。現在は軽を中心としたスモールカー9車種に搭載しており、2016年7月には搭載車種の累計販売台数が100万台を突破した。

新開発のスマートアシストIIIでは、フロントガラス上部に設置した世界最小サイズの小型ステレオカメラが前方車両や歩行者との距離を検知。従来の対車両だけでなく、歩行者に対しても速度が約4~50km/hの場合に衝突回避支援ブレーキが作動するようになった。対車両では、作動速度を従来の約4~50km/hから約4~80km/hへ向上。衝突回避の相対速度も約4~20km/hから約4~30km/hへ向上させたことで安心・安全性を高めた。

そのほか、車両が衝突危険を認識した際、ブレーキの踏み込みを補助する被害軽減ブレーキアシストや、同社初となるオートハイビームを追加。価格を据え置きとしながら機能の充実を図った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
「極ZERO」酒税騒動を振り返る 発泡酒? 第3のビール?
【コンチネンタル技術説明会】旋回中でも安定をキープ...ABSの有効性を身をもって体験
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
“ワンオペ”で叩かれた「すき家」のいま
  • このエントリーをはてなブックマークに追加