鹿島はドロー、セレッソは土壇場ゴールで白星発進 ACL

鹿島はドロー、セレッソは土壇場ゴールで白星発進 ACL

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/02/15
No image

サッカーAFCチャンピオンズリーグ、グループステージ第1節、鹿島アントラーズ対上海申花。上海申花のジョヴァンニ・モレノ(右)をマークする鹿島アントラーズの内田篤人(2018年2月14日撮影)。

【AFP=時事】サッカーAFCチャンピオンズリーグは14日、グループステージ第1節が行われ、グループHの鹿島アントラーズは1-1の引き分け。グループGのセレッソ大阪は終了間際のゴールで大会初戦を白星で飾った。

Jリーグ1部(J1)を8回制している鹿島は、ホームで上海申花(中国)と対戦。開始わずか3分でジョヴァンニ・モレノに先制点を許したが、後半の早い時間帯に遠藤康のゴールで追いつくと、その後も激しい攻勢をかけたが相手と勝ち点1を分け合った。

敵地で済州ユナイテッドFC(韓国)と対戦したセレッソは、両チーム0-0で迎えた後半ロスタイム3分に水沼宏太が決勝点を挙げた。

グループGの広州恒大は、ブリーラム・ユナイテッド(タイ)とホームで1-1の引き分けに終わり、ファビオ・カンナヴァーロ監督にとっては不満の残る復帰戦になった。

ルイス・フェリペ・スコラーリ前監督の退任を受けて、2015年に解任したカンナヴァーロ監督を呼び戻したACL優勝2回の広州は、開始わずか16分でリカルド・グラールが先制点を決めたが、後半の序盤にエジガル・ブルーノに同点ゴールを許した。

その後も、東南アジアのチームとしては2003年以来の決勝進出を目指すブリーラムは、クロスバーをたたく惜しい場面を作り出したが、全体としてブリーラムにとっては満足のいく結果となった。

グループHのもう1試合は、シドニーFC(オーストラリア)が2-0で水原三星ブルーウイングス(韓国)に勝利した。デヤン・ダムヤノヴィッチがミドルシュートで後半に先制点を奪い、さらにPKで2点目を加えた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
通勤中に欧州サッカーを観戦する時代へ。快進撃が続くDAZNの次の一手
V・ファーレン長崎、激励パレードで決意新た 高田社長「地元もっと発信」
東京久保建英6戦4発、開幕浦和戦メンバー入り前進
横浜ポステコグルー監督「けがなく開幕迎えられる」
次なる一手はお風呂!? Jリーグの“常勝軍団”鹿島が仕掛ける「スタジアムビジネス」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加