最新ランキングをチェックしよう
NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

NASA長官が人類は2035年までに火星に行けると発言、ただし予算が付けば

  • TechCrunch
  • 更新日:2019/10/23

NASAのジム・ブライデンスタイン長官は米国時間10月21日月曜日に開始された年次国際宇宙会議で、複数の国際宇宙機関の代表者と共同で講演した。最後に講演者全員にある質問が投げかけられた。人類はいつ火星に行けるのか?ESAのヨハン・ヴェルナー長官が(翌日の)「火曜日」と冗談を言ったあと、ブライデンスタイン長官は自身の信じる本気の答えでフォローした。誰もが政府の援助と必要なサポートが得られるという前提

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
コロナで暴落した「日本株を買い漁る人たち」の悲しい末路
鎖骨が綺麗に見える。ユニクロの「着痩せしすぎる」Tシャツ、790円で手に入るよ。
『カルディ』で提供中止中の試飲コーヒー その秘密に「知らなかった」
上白石萌音「字が綺麗すぎる」と話題の手書きメッセージに“優しい心遣い”
劇的変化:Wi-Fiの電波があまりに繋がらないので「Wi-Fi中継機」を導入したら約430倍もスピードアップしたって話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加