リオ銅・奥原、高校生に苦戦も「勝ち切れてよかった」/バドミントン

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2016/12/01

バドミントン・全日本総合選手権第2日(30日、東京・代々木第2体育館)リオ五輪銅メダリストの奥原は、高校2年生相手に2-1と苦戦した。9月のヨネックス・オープン・ジャパンで痛めた右肩の回復が遅れており、強力なスマッシュは見られなかった。「しっかり勝ち切れてよかった。一戦一戦、体と相談しながら考えてプレーしたい」と連覇に向けて声を振り絞った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
C大阪、J2ながら代表クラス揃える超豪華陣容でPO決勝へ。昨季の雪辱果たせるか【編集部フォーカス】
ゲキサカ秘蔵写真[2011.12.3]北嶋秀朗(柏)
「今度は潰す!」総理大臣杯準V・順天堂大...静学出身者座談会で旗手、名古、米田が語る
岡山豊川「ガンガンいくだけ」J1昇格の切り札宣言
【鹿島】いつもと変わらぬ前日の風景。「優勝確率0パーセント」でも柴崎岳に迷いはない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加