NTT Com、大型オフィスを併設した「東京第9データセンター」を開設

NTT Com、大型オフィスを併設した「東京第9データセンター」を開設

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/01

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は12月1日、「東京第9データセンター」の提供を開始した。新データセンターは、東京都江東区に位置し「Nexcenter」(NTT Comのデータセンターサービスブランド)における300項目以上の品質基準に基づき整備した施設で、サーバルーム面積約1400平方メートル(400ラック相当)を提供する。

No image

「東京第9データセンター」のイメージ

新データセンターは耐震構造を採用した鉄筋コンクリート造り地上7階建て、床耐荷重は1000kg/平方メートルの専用施設となり、オフィス専用スペースを併設。電力設備は受電は特別高圧本線・予備線方式、2万2000V二系統引込、非常用発電装置(48時間無給油運転可能)とUPS(無停電電源装置)はN+1冗長構成、セキュリティ設備はWebを用いた専用システムによる事前申請、データセンターエリアの入室に際してはICカードと生体認証を採用している。

また、大手町駅から電車と徒歩で約35分、車の場合は首都高速道路の出口至近という利便性が高い場所に位置しており、交通機関が止まるなど万が一の災害や事故の際にも、ユーザーは都心の自社拠点から徒歩で駆けつけることができるという。

さらに「BCP用オフィス」「設備監視ルーム」「コールセンター」など、幅広い用途に使用可能な約200-900平米メートルの大小さまざまなスペースが利用できる。オフィススペースでは、非常用発電装置を備えたバックアップ電源により、万が一の災害時でも業務継続が可能なほか、小規模なBCP用途として1席から利用できる「BCPデスク」も提供する。

加えて、異なる2ルートで光ファイバーが引き込まれており、複数のキャリアネットワ-クを冗長化して利用を可能とし、NTT Comの伝送設備を設置しているためユーザーは「スーパーOCN」「Arcstar Universal One」などのネットワークサービスを利用できる。

そのほか、深夜作業時の休憩などに向けて予約制の「仮眠室」や、リフレッシュのための「シャワールーム」「フィットネスルーム」をはじめ、昼食・夕食を提供する食堂、喫茶コーナーも備えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドスパラ、納期最短3日のワークステーション「DP EXPERT」を発表 - 9日から店頭展示も開始
秋葉原に「パソコン工房 アウトレット館」が期間限定オープン、17年2月まで
2万円台でお手頃なAnkerのエントリーモデルのロボット掃除機「RoboVac 11」を使ってみた
折りたたみ式傘かと思ったら、まさかの大画面登場!
今日のGoogleロゴは光速の測定成功340周年

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加