ハイヒール、水原希子に大阪流“狂わせテク”教えたった!妻夫木聡も爆笑

ハイヒール、水原希子に大阪流“狂わせテク”教えたった!妻夫木聡も爆笑

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

女性漫才コンビ、ハイヒールが14日、大阪市内で行われた映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」(大根仁監督、16日公開)の試写会に“乱入”した。同作の関西宣伝隊長のリンゴ(56)とモモコ(53)は主演の俳優、妻夫木聡(36)を使い、ヒロイン役の女優、水原希子(26)に大阪流の“狂わせテク”を伝受するなどやりたい放題。観客気分の妻夫木も「楽しんじゃった」と笑いっぱなしだった。

水原が1メートル68、B75W60H85のスレンダーボディーとショートパンツからスラリ伸びた美脚で観客を魅了していた舞台あいさつ。ハイヒールの登場で雰囲気が一変した。

「希子ちゃんと間違わないでね〜」とド派手なワンピースのモモコ。

「間違えへんわ! 65キロはあるやろ」とリンゴのツッコミに、「ないわ! あれは内臓を売っとるな。私があんな体やったら裸で歩くわ」。

漫才のようなやりとりに、妻夫木も「面白いですね〜。ずっと聞いていたい」と、あっさり“主役”の座を譲った。

映画は、“力まないカッコいい大人”だとシンガー・ソングライターの奥田民生(52)にあこがれる雑誌編集者(妻夫木)が、魔性の美人広報(水原)に翻弄されるラブコメディー。

関西宣伝隊長に任命されたハイヒールは、劇中で水原が見せる投げキスなど“狂わせテク”の関西版を伝受するために登壇した。

妻夫木を相手役に見立て、モモコは“アメちゃんをあげて仲良くなる”術を、リンゴは「シュッとしてんなぁ。エェしの子ォや」と大阪弁で接近するテクを教えた。

が、神戸育ちにもかかわらず「エェしの子」(良家の子)の意味が分からない世代間ギャップもあって、水原は悪戦苦闘。関西のオバチャンの必殺ワザ・アメちゃんも「モモコ姉さんほどパンチがなかった」と肩を落とした。

すると、ハイヒールの“猛口”は大根監督にも。小太りの監督を見て「モモコに似てる」とリンゴ。ついつい「さっきから親近感が」とノってしまった監督に、すかさず「狙ってる? 私のこと」と、上からモモコ。

“狂わせテク”伝受のはずが、「漫才テクですよね、これ」と妻夫木も爆笑の舞台あいさつ。締めは、監督のリクエストで水原が振り返っての投げキスだ。

ところが、横でこっそりまねたモモコに、リンゴが「空気が薄くて高山病?」。映画館がまるでNGK(なんばグランド花月)のようだった。

No image

抜群のスタイルを披露した水原希子。ハイヒール・モモコと間違える…わけないがな(大阪市北区、撮影・笹井弘順)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
文句なしの完璧ボディ!Fカップ9頭身グラドル・松嶋えいみ、妖しく光るセクシービキニで朝から悩殺!「おはよう!朝から刺激がぁ!」
木梨憲武が原因じゃなかった? スギちゃん、テレビから消えた本当の理由を激白
「おっぱいが完全に綱手」 叶美香、『NARUTO』の綱手様コスが“本物”でしかない
aikoが安室とのプリクラを公開、芸能界に広がる“あむロス”
フジテレビ椿原慶子アナに熱愛発覚...相手男性の経歴に「ショックすぎる」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加