ハリルJに「プランB」はあるのか。ベルギー戦は苦しい展開を見たい

ハリルJに「プランB」はあるのか。ベルギー戦は苦しい展開を見たい

  • Sportiva
  • 更新日:2017/11/14

果たしてそこに、プランBはあるのか――。

1-3で敗れた11月10日のブラジル戦。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は盛り返した(ように見えた)後半の出来について、「かなり満足のいくものだった」「ボールポゼッションやパス回しのところで同等か、それ以上の戦いができた」と賞賛した。

No image

ゲームプランが崩れたとき、ハリルホジッチはどう対応する?

たしかに開始早々に2点を先行されて及び腰になった前半とは打って変わって、後半は積極的なプレスを取り戻し、縦パスを狙う回数も増えた。コーナーキックから奪った槙野智章(浦和レッズ)のゴールだけでなく、オフサイドの判定が下された杉本健勇(セレッソ大阪)のヘッドや、クロスに浅野拓磨(シュツットガルト)があと一歩届かなかったシーンなど、惜しいチャンスを何度か作った。

だがそれは、前半のうちに3点のリードを奪い、安全圏に入ったブラジルが無理をしてまで攻めてこなくなったからだろう。その点で、選手たちのほうが冷静だった。

「勘違いしてはいけないのは、相手が抜いたということ。過信することなく、自信を持ってベルギー戦に挑まなければいけないと思います」と吉田麻也(サウサンプトン)が自身に言い聞かせるようにきっぱりと言えば、日本の現在地を問われた長友佑都(インテル)も「彼らが100%ではなかったので、正直なんとも言えないです」と答えた。

リールはハリルホジッチ監督が自宅を構えている街だ。地元のサッカーファンやよく知るフランス人記者に対する強がりだったのか。おそらく指揮官自身も、本当のところはわかっているだろう。後半の日本がブラジルを脅(おびや)かしたわけでも、驚かせたわけでもなかったことを。

日本はこの一戦に、積極的にプレスをかけて前からハメに行き、後半勝負へと持ち込むというゲームプランで臨んでいた。

「前半は無失点で、特に最初の15分間を耐えられれば、チャンスが生まれるという話をしていた」と槙野は明かす。酒井宏樹(マルセイユ)もこう語っていた。

「監督も『とにかく前から』ということをあえてチャレンジしたと思います。アジアで通用した部分があったので、トップ・オブ・トップが相手だとどうなるのか見たかったんだと思います」

実際、立ち上がりの10分までは――ブラジルがスロースタートだったことはあるにせよ――トップ下に入った井手口陽介(ガンバ大阪)が相手からボールを奪い取るなど、日本の積極的な姿勢がはっきりと見えた。

だが問題は、10分、17分に立て続けに失点を喫し、ゲームプランが崩れたあとだ。

精神的なダメージもあったのだろう。序盤の勢いを完全に失い、攻守のトランジションが明らかに鈍くなった。せっかくボールを奪っても、奪い返されてカウンターを浴びるのが怖いのか、サポートが少ないからすぐに失ってしまった。

相手は世界ナンバーワンのブラジルである。狙いどおりにゲームを進められれば理想的だが、現実的に考えれば、プランを覆される可能性のほうが高い。ところが、実際に2点を先行されてプランが崩れたとき、どうするのかが見えなかった。

ハリルホジッチ監督が3年前のブラジル・ワールドカップで率いたアルジェリア代表のように、失点するたびに強烈な反発心を発揮するわけでもなく、いったん引いて守って立て直すわけでもなく、「前から行くのか、しっかりブロックを作るのか、もう少し統一できればよかった」と長谷部誠(フランクフルト)が語ったように、戦術的統制を欠き、前半のうちに勝負を決定づける痛恨の3失点目を与えてしまった。

相手を徹底的に分析し、それに基(もと)づいて戦略を立て、相手の嫌がることを仕掛けるのがハリルジャパンの真骨頂だ。アジア最終予選における大一番、2016年11月のサウジアラビア戦、2017年3月のUAE戦、2017年8月のオーストラリア戦ではいずれも狙いどおりにゲームを進め、勝ち点3を見事に掴み取った。

だが一方で、2017年6月のイラク戦や2017年9月のサウジアラビア戦のように、狙いがハマらなかったとき、ゲームプランが崩れたときにリカバーすることができず、脆(もろ)さを露呈することが多い。

アジア最終予選を通じてハリルジャパンは、相手に応じて異なる戦術を取り入れる臨機応変さを身につけてきた。だが現状では、指揮官から授けられた戦術を忠実にこなせるようになっただけで、そのプランが崩れたときに立て直す臨機応変さは、まだ身についていない。ブラジルに指摘されたのは――圧倒的な能力の差とは別に――そのことだろう。

そこで、11月14日にブルージュで行なわれるベルギー戦である。

ベルギーは現在、3-5-2を主戦システムにして戦っている。日本戦にベストメンバーで臨んでくるなら、2トップを務めるのはエデン・アザール(チェルシー)とロメル・ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)。ふたりはいずれも11月10日に行なわれたメキシコとの親善試合でゴールを奪っている。とりわけルカクは代表通算得点数を30に伸ばしてベルギー代表歴代最多得点に並び、日本戦での記録更新に期待がかかる。

またインサイドハーフには、ケヴィン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、ドリース・メルテンス(ナポリ)、ムサ・デンベレ(トッテナム・ホットスパー)と、攻撃陣のタレントは世界最強レベルだと言える。

一方、最終ラインはヴァンサン・コンパニ(マンチェスター・シティ)、トビー・アルデルヴァイレルト(トッテナム・ホットスパー)、ヤン・フェルトンゲン(トッテナム・ホットスパー)といった主力DFにケガ人が続出しているため、日本戦では若い選手のテストが行なわれることになるだろう。

おそらくベルギー戦でも、ハリルジャパンは前から積極的にプレスをかけてハメに行くはずだ。さらに決して盤石ではないベルギーの守備陣の隙をどう突くのか、ひざを傷めている長谷部の欠場が濃厚なため、メンバーのセレクトを含めてどのような戦略でベルギー戦に臨むのか、まずは注目したい。

そのうえで、プランが覆されたとき、ピッチの上では誰がリーダーシップを取ってチームとしてリカバーするのか、そもそもハリルホジッチ監督にプランBの引き出しがあるのか。ワールドカップ本番前の親善試合では、ラッキーパンチが当たってジャイアントキリングを起こすより、苦しい展開のなかでチームが何を見せるのかを確認したい。

■サッカー代表記事一覧>>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ハリル監督来日、東アジア杯で「J選手見極めたい」
【選手権出場校】千葉・流経大柏|市船エースを封殺したU-18代表DF、長崎総附の大会No.1FWに宣戦布告!
敗戦もJ内定CBとの対戦で得た手応え。筑陽学園のエースMF梶原「全然手の届かない場所ではない」
ハリル監督、ロシアW杯の組み合わせは「ブラジルW杯よりも難しい組に」
東福岡は全国初戦で尚志との対戦が決定。強豪対決で結果、内容にもこだわる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加