最新ランキングをチェックしよう
ヤマトが上海国際港務などと合弁、越境流通プラットフォーム提供

ヤマトが上海国際港務などと合弁、越境流通プラットフォーム提供

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
ヤマトホールディングス<9064>は29日、中国で越境流通プラットフォーム事業を行う合弁会社を設立すると発表した。中国最大の港湾運営会社で、国有企業の上海国際港務集団(600018/SH)のほか、ソフト開発のシノジャパン、流通情報インフラ構築のプラネットと共同出資する。日用品、化粧品、衛生用品などの日本メーカー、卸売業と中国の小売事業者、ECモール出店事業者を結びつけ、貿易、物流

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
テスラのSUV「Model X」がレンタカーに―オリックス自動車が初導入
大阪万博誘致を届け出=松井知事らパリ事務局に
【フィリピン】最先端プレハブを展開するフィリピン企業CEOが来日
【クルマの未来 SUBARUの米国戦略(上)】生産能力40万台態勢に 「工場飽和状態」の先は?
東芝、4事業を新たに分社化 「もはや空中分解」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加