最新ランキングをチェックしよう
ヤマトが上海国際港務などと合弁、越境流通プラットフォーム提供

ヤマトが上海国際港務などと合弁、越境流通プラットフォーム提供

  • FISCO
  • 更新日:2016/12/01

株式会社フィスコ
ヤマトホールディングス<9064>は29日、中国で越境流通プラットフォーム事業を行う合弁会社を設立すると発表した。中国最大の港湾運営会社で、国有企業の上海国際港務集団(600018/SH)のほか、ソフト開発のシノジャパン、流通情報インフラ構築のプラネットと共同出資する。日用品、化粧品、衛生用品などの日本メーカー、卸売業と中国の小売事業者、ECモール出店事業者を結びつけ、貿易、物流

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビットコインで1週間生活してみた――使用のたびに手数料が1300円超、大暴落に振り回され...
東京で「買ってはいけない不動産」はこれでわかる
中国勢、今年後半に一斉に湾岸タワマン売却か...マンション、バブル崩壊で下落開始も
これからの自治体と外郭団体:固定観念を捨てるべき時期
売れればいい?アルファードとヴェルファイアに見るトヨタの暴走
  • このエントリーをはてなブックマークに追加