総額80%アップ 話題のユーチューバーはいくら稼いでる?

総額80%アップ 話題のユーチューバーはいくら稼いでる?

  • Forbes JAPAN
  • 更新日:2018/07/13
No image

ユーチューブの動画広告収入で「億り人」が続出している。デジタル時代のセレブたちの仕事内容、そして懐具合を探ってみると…。

人気ゲーム「マインクラフト」のプレイヤーであるDanTDMこと、ダニエル・ミドルトンは2017年、世界で最も稼いだユーチューバーになった。

ミドルトンがレッドカーペットを歩く姿は見られないかもしれないが、彼はすでにセレブだ。ユーチューブのフォロワー数は1800万人を超え、世界ツアーも大盛況(シドニー・オペラ・ハウスでのライブは4夜ソールドアウトした)。昨年の収益は1650万ドル(約18億円)で、フォーブスが2015年にユーチューバー・ランキングを開始して以来の最高額となる。

ユーチューバーたちは自らのマーケティング戦略をますます洗練させ、それがより大きなツアーや好条件のブランデッド・コンテンツ契約、そして商品販売などにつながっている。

上位10人のユーチューバーが昨年1年間に稼いだ金額は、前年度比80%増の総額1億2700万ドルに達する(2016年6月1日〜2017年6月1日。マネジメント手数料・税引き前)。その大部分は、チャンネル視聴による広告収入だと見られている。また上位10人のうち、6人は今回ランキング初登場だった。

「テレビと違ってユーチューブがクールなのは、あまり競争が激しくないこと。誰でも参加することができて、ユーザーは自分の好きな人を見られる」と、昨年ミドルトンは英紙「ガーディアン」に語っている。

注目すべきは、上位10人の半数近くをゲーマーが占めることだ。視聴者は、彼らが含蓄のあるコメントをしながら最新のゲームをするのを楽しむ。

何十億人もの視聴者をもち、数十万ドルのブランド契約を行い、10代の若者が大好きな商品をもつゲーマーたちは、これまで以上に稼げる存在になっている。

「ゲーマーは、双方向から求められている」と語るのは、ブランデッド・コンテンツのプラットフォーム「Captiv8」の共同創業者クリシュナ・サブラマニアンだ。

「視聴者はゲームのヒントやトリックを求めて常に増えています。またゲーム会社は、競争が少なく、より親しみの感じられるスペースでの広告手段と見ているのです」

一方、評価を下げたユーチューバーもいる。スウェーデン人のPewDiePieの収入は前年比で20%減少したが(第6位、1200万ドル)、これは彼の人種差別的な発言やビデオが批判されたためだ。グーグルは、一部の人気ユーチューバーにより高い広告収入を付与する特別プログラムから彼を排除し、多くのマーケティング企業が彼をブラックリストに載せた。その結果、広告収入とブランデッド・コンテンツ契約が急減したのだ。

動画から銀幕へ、スターの階段を上り続けるユーチューバー

カナダ出身のリリー・シン(29)は、登録者数1300万人を超える人気チャンネル「IISuperwomanII」で知られるトップユーチューバーだ。コメディ風の寸劇やコント、さらには性差別反対の硬派な主張などを面白くミックスさせた動画で人気を博している(フォーブスの「2017年最も稼いだユーチューバー」ランキングでは10位、1050万ドル)。

だが近年の活躍は、もはやユーチューブだけにとどまらない。16年、米化粧品大手スマッシュボックスと手を組んで発売した口紅「BAWSE」は、たちまちヒット商品に。さらに17年3月に出版した初の著書『How to Be a Bawse』は「ニューヨーク・タイムズ」紙の月間ビジネス書ベストセラー1位を獲得した。

ユーチューブのチャンネルを開設したのは、大学4年生だった10年。最初に投稿した動画の視聴回数は70回ほどだったが、12年までには自分の動画を収益化し、マネジャーを雇えるまでになった。

いまではハリウッド女優さながら、マネジャーや広報担当者がつく。

「ときどき彼らを見て、あなたたち本当に私についてくるつもりなの、って思うの」とシンは笑う。

今年は初の本格的な演技も見られそうだ。有料ケーブルテレビ大手HBOが手掛けるSF小説『華氏451度』の映画化作品で、ブロガー役を演じている。

シンは映画やテレビ界での将来を考える一方、自身のユーチューブ視聴者に向けた動画制作も継続するつもりだ

「私はデジタルの力を信じているけど、両方の分野にかかわっていきたい」

人生のどん底からビリオネアへ「華麗なる転身」

インターネット上の彼のニックネームは「Markplier(マークプライヤー)」。サバイバルホラーやインディーゲームの実況配信を行うユーチューバーだ。奇抜でコミカルな話しぶりが人気で、2017年にフォーブスの「トップ・インフルエンサー」ゲーム部門ランキングで1位に輝いた。

ハワイ出身で、本名はマーク・フィッシュバック(28)。ユーチューブのチャンネルを開設した12年、彼はまさに人生のどん底にいた。

「彼女と別れ、仕事をクビになり、副腎に腫瘍ができてしまったんだ」

そんなときに入り込んだのがゲームの世界。ゲームクリエイターが配信する動画を見て、動画制作のコツを身につけ、どうすれば自分の動画を印象付けることができるのか考えたそうだ。

当初は8カ月で数十ドルしか実入りがなかったが、その後、14年までにいくつかの動画が何百万人というユーザーを引きつけた。

「ゲームをやりながらできるだけエンターテインメント性を打ち出そうとしている」と語る彼は最近、コメディアンとしても活躍の場を広げている。16年にはハリウッドの有名エージェンシーのWME(ウィリアム・モリス・エンデヴァー)とパートナー契約を結び、17年には他のユーチューバーらとともに世界ツアーを行い、寸劇などを披露した。

今後の予定については語ろうとしない。

「今までも目標を掲げたことなんてないんだ。映画スターになろうと思ってもいない。ただクールなものを作って、毎日を楽しく過ごしたいだけだよ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゲームカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「Nintendo Labo」のToy-Conが『マリオカート8 デラックス』に対応。これだよ、これ!
セガ「艦これ」著作権侵害で「アビス・ホライズン」に配信差し止め申請
『Fallout 4』にDLC規模の新要素を追加するMod「Northern Springs」公開!ー「Far Harbor」よりも大きい
カードをふるふるするとメッセージが浮かび上がる!手品な「メッセージカードshe-she」
みんなポチるもの決めた?「Amazonプライムデー」は明日の12:00からだよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加