こんなに愛されていた!水木しげるの命日に調布市役所が取った行動が素敵

こんなに愛されていた!水木しげるの命日に調布市役所が取った行動が素敵

  • CuRAZY
  • 更新日:2016/11/30
No image

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」を始め、数多くの名作を生み出した日本の漫画家、水木しげる先生。水木先生は去年の11月30日、多くの人に惜しまれつつ93歳でこの世を去りました。

それから1年。水木先生が最期のときまで50年以上暮らしていた調布市の市役所の職員たちが、ある驚きの行動を取ったそうなんです。
それがこちら。

鬼太郎のちゃんちゃんこだ(;Д;)

なんと調布市役所の職員さんたちが、ゲゲゲの鬼太郎のちゃんちゃんこを羽織って働いていたのです。水木先生への敬意と愛情が感じられる、とっても粋な行動ですね。
また一周忌として、水木先生が好きだったとうこんな物も届いているんだとか。

富有柿(ふゆうがき)をあえて「とみありがき」と呼んでしまうところなんか、水木先生らしいですよね。水木先生の一周忌である2016年11月30日は「ゲゲゲ忌」として、調布市では11月23日〜11月30日までイベントが催され、多くのファンが足を運んでいます。
水木先生と生み出された作品たちは、これからもずっと愛され続けることでしょう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ネタカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新人を一瞬で辞めさせた、上司の酷すぎる3つの言葉
鏡の中の自分との、おしゃべりが止まらないインコ! そのハチャメチャな内容が面白すぎてヤバい(笑)
【未知の世界!】パパの足が臭すぎて、衝撃を受けたニャンコ。反応が荒ぶりすぎて、ヤバい(笑)
【必ず名乗ってくる】お父さんたちの不慣れなLINEにほっこりな8選
大人は深読みしすぎ!けがれを知らない「ピュアな子ども」と「考えすぎな大人」 9選

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加