【Go!Go!シーホース vol.02】プロバスケットチームの舞台裏に潜入します!

【Go!Go!シーホース vol.02】プロバスケットチームの舞台裏に潜入します!

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/09/16
No image

宣材写真の撮影現場を見学。コマーシャルのような本格的なセットが!

2017年9 月29日(金)のB.LEAGUE 2017-18 SEASON(以下Bリーグ)開幕まで2週間。各チームの選手もそろい、シーズン開幕に向けて追い込みに入っている時期だ。ただ、バスケばかりに打ち込めるかと言えば、そうではないのがプロの定め。プロバスケチームは開幕直前をどのように過ごしているのか、その舞台裏をのぞいてみた。

【連載1回目はこちら】B LEAGUE開幕直前!新プロジェクト始動!!

練習や練習試合は当然として、彼らは「プロ」だ。だから、バスケ以外の活動もある。まず、我々のようなメディアの取材対応が挙げられる。メディア側はチームの広報担当者に連絡をとって取材依頼。企画書を送付し、スケジュールを調整して取材を行う。選手の貴重な時間をいただく以上、メディア側はチームの都合に合わせるのがマナー。しかし、おいそれといかないケースも。一般企業であれば残業に当たるような取材があるかもしれないが、快く対応するのがプロの務め。その点では、シーホース三河には感謝しかない。

プロスポーツにファンの存在は欠かせない。しかし、ファンの開拓をメディア頼りにしていては怠慢に映るだろう。そのため自分たちから情報を発信し、ファンを楽しませていくことも大切だ。

8月某日、アイシン精機体育館をのぞいてみるとコートには大掛かりなセットが。この日はHPやポスターに使うビジュアルのスチール撮影、試合会場でオンエアされるムービーの収録が行われていた。ムービーの収録は短い台詞もあるのでなかなか大変だ。何度も録り直しをお願いされる選手の姿も。スチール撮影も同様で、ちょっとシャイな選手は一苦労。もしかして試合より緊張しているのかも。だけど、これらはファンのための大切な「仕事」である。「俺は別に…」というわけにはいかない。不慣れな選手が多いなか、チームの大黒柱である橋本竜馬選手の笑顔は飛び抜けて素敵だった。あの笑顔があればセールスマンをやっても日本代表級の活躍は確実。橋本選手!うちの営業やってもらえませんか?

体育館の片隅ではペンを片手に黙々とサインをする選手が。ファンやスポンサーなどに向けたグッズへのサインである。Tシャツやボールを合わせると、その数は膨大。まさに骨の折れる作業だが、それはチームに注がれている愛情に等しい。一つ一つ、丁寧にペンを走らせる姿が印象的だった。

シーズンが幕を開けても、ファンとの触れ合い時間など、やるべきことはたくさん。プロはなかなか忙しい。でも、それがバスケで飯を食べるということ。ふと小学生の頃を思い出す。卒業アルバムに将来の夢は「プロバスケットボール選手」と書こうとした。すると「日本にバスケのプロはないぞ」と笑われたのを覚えている。あれから二十数年。目の前には、あの頃はいなかったプロがいる。日本にもこんな時代が来たのだと、一人のバスケファンとしてしみじみ思う。いよいよ開幕まで2週間。毎週土曜日の更新をお楽しみに!【ライター/シックスマン】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロッテ新監督井口一本、勝てるかつ人気&実績で決断
【中日】もう真っ赤には染めさせない 「ナゴヤドーム集客アップ」に必要なこと
ロッテ井口監督に一本化、3年基本の複数年提示へ
オリックス・新生いてまえ打線が発動!? 強力打線復活のカギを握るのはこの3人だ!
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加