デルの8K UltraHDモニタ「UP3218K」、専門家が見る魅力と応用

デルの8K UltraHDモニタ「UP3218K」、専門家が見る魅力と応用

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/12/06
No image

●世界初の8Kモニタ「UP3218K」をあらためて

デルは12月6日、都内でプレスセミナーを実施。7月に発売された8K(7,680×4,320ドット)解像度を備えた液晶ディスプレイ、「Dellデジタルハイエンドシリーズ UP3218K 31.5インチ8Kモニタ」(以下、UP3218K)を2人の専門家を交えて紹介した。

ディスプレイ製品マネージャーのキム・サンウ氏は、UP3218Kの概要を説明。ポイントは、Adobe RGB・DCI-P3・REC 709という幅広いカラーレンジ、DisplayPort 1.4接続で最大60Hz表示に対応している点だ。

製品化にあたっては、「より多くの人が使ってもらえる現実的な価格(税別498,000円)」、「オフィス利用を想定した画面サイズ」、「世界初の8Kモニタ開発・販売」という3点を重視。液晶パネルメーカーと組んで一年半前から開発に着手し、安定した品質を確保した。加えて、最新の液晶パネル設備でリーズナブルに製造でき、かつデスクで邪魔にならないサイズとなったという経緯を紹介した。

UP3218Kは、280dpi(pixels per inch)の表示密度があるが、これは15.6インチの4Kディスプレイとほぼ同じピッチであり、その意味でも違和感なく使える。業務用の高解像度ディスプレイとして、メディア企業やエンターテイメント企業、そして科学分野を、現在の販売ターゲットにしている。ちなみに、デルが扱うディスプレイのうち、4Kと8Kの比率は全体の5%程度だという。

○デジタルカメラと同じように、モニタもグレードアップを

続いては、西尾豪氏がプロカメラマンの立場でコメントした。西尾氏は主に広告撮影を含む「人物カメラマン」として活躍しているが、撮影した写真をクライアントに渡す前に、当然ながらPCでのチェック、編集作業を行う。

現在のデジタルカメラは4,000万画素も普通になっており、これをフルHDで表示すると「かなりの縮小表示」か「ごく一部の部分表示」になってしまう。両者を切り替えていたそうだが、ミスを誘発しやすいという。

8Kモニタにした場合、全画面表示でもあまり縮小されずに把握できるため、作業効率アップにつながると話す。また、UP3218KはAdobe RGB 100%対応に加え、ピボット表示で縦長に表示できるため、全身写真を見るのにも向いているとコメント。

結論として「カメラとともに、PCへの投資も」と、性能の上がるカメラに対して、PCとモニタもグレードアップしたほうがよいと述べた。 なお、「2台のモニタを使えばよいのでは?」という質問も出たが、西尾氏のスタイルはシングルモニタである。複数モニタの場合、色キャリブレーションを同一にしないといけないといった手間も発生し、今回のような単独の8Kモニタが今の撮影・編集スタイルに合っているという。

●8KディスプレイはフルHDや4Kのように普及するのか?

最後に、テクニカルジャーナリストの西川善司氏が、8Kは普及するのかどうかと、着目される利用シーンについて語った。

西川氏の持論は「初物が出てから普及するか廃れるかは5~7年後にわかる」というもの。例えばフルHDは2004年に登場したが、2012年にはスマホにも採用されるほど一般化した。4Kディスプレイが登場したのは2010年で、2017年は4K対応のコンソールゲーム機(PS4 ProやXbox One X)が登場するなど、ほぼ根付いた。一方、2010年に登場した3Dテレビは、2017年の新製品で対応モデルがついに「0」。その先例にならうと、8Kモニタが普及するかどうかは、2024年ごろに結果が出るだろうとした。

8Kモニタそのものに関しては、今の4Kぐらいの地位になるだろうとコメント。理由は、差別化を求める液晶パネルメーカーが積極的なことや、先の西尾氏が話したように、デジタルカメラの高画素化に見合った表示パネルというニーズを挙げていた。

しかし、8Kテレビを世界的に推進しているのは日本のみ。2018年の8K本放送もNHKの1チャンネルのみ。現在、8K放送を視聴できるテレビはなく、新たにチューナーを購入しなければいけない。アンテナの買い替えも必要で、特に集合住宅での視聴難度が高いことからも、8K放送にはやや懐疑的なコメントだった。

ポジティブな要素もある。国際規格「ITU-R Rec BT-2020」の「Ultra HD」には、4Kとともに8Kが規定されている。8Kを必要としている産業分野は多く、周辺技術も8Kに対応が進んでいるので、3Dテレビのようにはならず、一定以上は普及するだろうという印象を受けた。また、8Kゲーミングに関して、今後のPC性能アップでPCゲームに大きな可能性があることに加えて、現在のゲームセンターではゲーム筐体の内部が実質的にPCであるため、ここでも8Kゲーミングの普及に期待が持てる。

12|photo_center

|I@017.jpg|

|I@018.jpg,西尾氏の撮影したポートレート。オリジナルとあまり変わらない解像度で閲覧できるので、全体やディテールを把握でき、作業しやすい|

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スマホ全盛の今だからこそ、防水防塵耐衝撃仕様のガラケーがアツい!
【Amazon サイバーマンデー】本日限定! 特選タイムセールでBoseの「QC35」やAnkerのBluetoothイヤフォンがお買い得
先週のサイバー事件簿 - ディズニーと楽天のフィッシングメール急増中
マツダが新しいシーケンシャル・ツインターボ・システムの特許を申請
動く年賀状が作れる!?スマホで撮った動画をプリントできる世界初のプリンター『Lifeprint』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加