Google検索エンジンへの依存強まる - 1月タブレット検索エンジンシェア

Google検索エンジンへの依存強まる - 1月タブレット検索エンジンシェア

  • マイナビニュース
  • 更新日:2020/02/06
No image

Net Applicationsから2020年1月のタブレットにおける検索エンジンのシェアが発表された。2020年1月はGoogleとBingがシェアを減らし、BaiduとYahoo!がシェアを増やした。しかし、その変化幅は小さく、Googleが89%という圧倒的なシェアを保持している。

過去1年間におけるGoogleのシェア平均値は88.14%。勾配はわずかなものの、Googleはこの1年間でシェアを増やした。タブレットデバイスで使われる検索エンジンはますますGoogleに依存するようになりつつある。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
au、スマホの残価設定購入「かえトクプログラム」を2月21日開始と発表
500個ものChrome拡張機能が個人情報を盗んでいたことが判明、被害者は170万人を超える
薄さ6.8mm、重量490gの超薄型・超軽量を実現!FOXのAndroid 9.0搭載13.3インチE-inkタブレット「BOOX Max3」
アナログ感覚のスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」新色レビュー
女優の“すべて”が丸見え!『AIモザイク処理』がトンデモない!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加