息子の初ゴールを喜ぶジダン「監督という立場から離れた話をするならば...」

息子の初ゴールを喜ぶジダン「監督という立場から離れた話をするならば…」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2016/12/01
No image

[11.30 コパ・デル・レイ4回戦第2戦 R・マドリー6-1クルトゥラル・レオネッサ]

コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)の4回戦第2戦が30日に行われ、レアル・マドリーがクルトゥラル・レオネッサ(3部)をホームに迎え、6-1の勝利を収めた。2戦合計13-2としたレアルが5回戦進出を決めている。

6発快勝を飾ったレアル。3-1で迎えた後半18分にはジネディーヌ・ジダン監督の長男であるMFエンツォ・ジダン・フェルナンデスが右足シュートでゴール。公式戦デビューで初得点を記録した。

試合後、ジダン監督は息子の奮闘に目を細め、「監督という立場から離れた話をするならば、息子のゴールにはとても喜んでいる」と心境を明かした。

「監督としては、エーデゴーア、アルバロ、ルベンの活躍にもとても満足している。すべての選手が素晴らしい活躍を見せてくれた」と“指揮官”としてコメントしたジダンだったが、「もちろん、ホームに戻ったら、デビューゴールについてエンツォと話すつもりだ」と父親としての顔ものぞかせる。

「今日はチーム全体が素晴らしい態度とインテンシティを見せてくれた。特に7-1でファーストレグをとっていることを考えればね。真剣に力強くプレーしていたし、私たちの求めるものに到達していた」

●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
かつてペレやベッケンバウアーも在籍したNYコスモス、無期限の活動休止...全選手との契約打ち切りへ
本田ミランの売却、3月3日になると発表
シャルケ内田、先発で復帰の可能性も...指揮官「準備ができている」
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
シャルケ内田のELメンバー入りが正式発表...1年9カ月ぶりの試合復帰へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加