ヤマト運輸、全国安全大会を開催...2トンMPバンAT車部門を新設

ヤマト運輸、全国安全大会を開催...2トンMPバンAT車部門を新設

  • レスポンス
  • 更新日:2016/10/18
No image

ヤマト運輸は、10月16日・17日の2日間、労使共催による「第6回ヤマト運輸全国安全大会」を鈴鹿サーキット 交通教育センターで開催した。

全国安全大会は、プロドライバーとしての安全運転のレベルアップと、全社の安全意識や運転技術の向上を目的として開催。今回は、AT限定免許取得者の増加に合わせ、従来の2トンMPバンマニュアル車(MT車)部門に加え、2トンMPバンオートマチック車(AT車)部門を新設した。大会には、全国から代表セールスドライバー56名が参加し、学科試験、日常点検整備、運転実技にて競技を行った。

大会の結果、2トンMPバン部門(MT車)では、関東支社 茨城主管支店の加登谷文之さんが、新設の同部門(AT車)は中部支社 愛知主管支店の大嶋達郎さんが、女性ドライバー部門(2トンMPバンMT車)は関東支社 西埼玉主管支店の奥富ゆかりさんが、それぞれ優勝を飾った。また、新スリーター(自転車)部門では、関東支社 神奈川主管支店の木村竜也さんが1位となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
今年はダブルで注意が必要? ノロウイルスの傾向と対策
多摩川遺体“少年の行方”捜す男女の影も―
【報ステ】嘘の供述調書作成...麻薬取締官を逮捕
発覚恐れ救急車を呼ばず 千葉大医学部“集団強姦”
“仮面ライダー”松田悟志、お手柄!妻盗撮男を現行犯逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加