松田翔太、鈴木亮平の“最大の敵”に 3度目の大河出演<西郷どん>

松田翔太、鈴木亮平の“最大の敵”に 3度目の大河出演<西郷どん>

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/02/14

【西郷どん/モデルプレス=2月14日】俳優の松田翔太が、俳優の鈴木亮平が主演を務める2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(毎週日曜よる8時~)に出演することが14日、東京・渋谷の同局で行われた会見で発表された。

No image

(写真 : 松田翔太 (C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】大河「西郷どん」新キャスト発表

◆松田翔太、一橋慶喜役

大河ドラマへの出演は今回が3回目となる松田は、鈴木演じる西郷吉之助(隆盛)が江戸で出会う人々の一橋(徳川)慶喜役に決定。

演じる慶喜について「ちょっと変わった切り口で入っていくので戸惑いもあったんですけど素直に演じていけたら。どうぞお楽しみに」と意気込みを語った。

慶喜は御三卿の一橋家当主。英明誉れ高く、父・徳川斉昭が「わが最高傑作」と自慢した。島津斉彬らが次期将軍候補に担ぎ出すが、望まぬ宿命を担った本人は「将軍になど興味はない」と冷めている。その行動は常に周囲を戸惑わせ「二心さま」と揶揄されるが、やがて、徳川家最後の将軍となり、西郷たちにとって最大の敵となっていくという役どころ。

西郷と慶喜の関係をどう演じていくかと聞かれた鈴木は「演出陣の方から逆算をしないでほしいと言われているので、今はただ一橋さまを将軍にと信じて演じていますが、ちょいちょいこの人が将軍でいいのか?と疑う部分はでてきます」とコメント。「本を読んでいないのでわからないですが、慶喜と敵対するっていうのは決して人間として嫌いになったわけではなくてお互いの政治的状況から敵対しなければいけない状況になるのでなんともいえない。人間として嫌いになっていく方向でなければいいなと思います」とこれからの展開に願いを込め、松田も「吉之助とは状況がさせていると理解しながら敵対していくと思います」と同調していた。

また、松田は「鈴木さんが作っている現場がいかに温かくて和やかか。途中からだったんですけどすごくやりやすいです」と笑顔で現場の雰囲気を報告。鈴木の印象については、「とにかく優しくて皆に気を遣ってくれたり、深夜にかかわらずハンバーガーを食べたり(笑)。ご飯食べてる人っていいなと思ってそういうところが人間らしくてうれしい」と語り、仲睦まじい様子をうかがわせた。

◆大河「西郷どん」新キャスト21名発表

松田のほか、西郷と深い友情を育む福井藩士の橋本左内役に風間俊介【初】、大奥の最大権力者で13代将軍・家定の母・本寿院役に泉ピン子、福井藩主の松平慶永役に津田寛治、島で出会う人々として、西郷の妻となる愛加那(二階堂ふみ)の叔父・龍佐民役に柄本明、愛加那の良き相談相手のユタ役に秋山菜津子【初】、愛加那の兄・富堅役に高橋努、薩摩藩士の木場伝内役に谷田歩、薩摩藩士で奄美の代官・田中雄之介役に近藤芳正、龍佐民の妻・石千代金役に木内みどり、富堅の妻・里千代金役にテーマ曲を歌う里アンナ【初】、西郷の命を救うことになる冲永良部の島役人・土持政照役に斎藤嘉樹【初】、政照の母・土持鶴役に大島蓉子、謎の書家・川口雪篷役に石橋蓮司、激動の舞台となる京を彩る人々として大久保一蔵(瑛太)と恋仲になる祇園の芸姑・おゆう役に内田有紀、京の旅籠「鍵屋」の仲居・虎役に近藤春菜【初】、島津家家老・小松帯刀役に町田啓太【初】、近衛忠煕役に国広富之、天下を揺るがす英傑たちとして勝海舟役に遠藤憲一、桂小五郎役に玉山鉄二、岩倉具視役に笑福亭鶴瓶(発表済み)が発表された。(※【初】は大河ドラマ初出演)。

会見には、松田、風間、泉、秋山、里、斎藤、石橋、内田、町田、玉山と、主演の鈴木が登壇した。

◆第57作大河ドラマ「西郷どん」

同作は、林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当。

1月から放送開始し、現在第6回まで放送済み、18日に第7回が放送される(全50回)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ジュディ・オング『なんでも鑑定団』に持参した宝が驚きの鑑定結果に!
130kg超え外国人4人の「2か月和食だけダイエット」密着に大感動
とんねるず、みなおか“野猿サギ”に視聴者激怒!「こんな番組なら終わるわ」
石橋貴明、ギャラが10分の1でも深夜番組のオファー受けた切実事情!
深田恭子「隣の家族は青く見える」の出産シーンであり得ない描写が
  • このエントリーをはてなブックマークに追加