日本戦にも出場「6cap」の代表選手、突然他の国に鞍替え!なぜ許可された

日本戦にも出場「6cap」の代表選手、突然他の国に鞍替え!なぜ許可された

  • Qoly
  • 更新日:2019/05/20
No image

『SI』は19日、「ニュージーランド代表FWテイラー・ボイドは、アメリカ代表への鞍替えが認められた」と報じた。

テイラー・ボイドは1994年生まれの24歳。ニュージーランドのタウランガ出身で、19歳まではウェリントン・フェニックスでプレーしていた選手だ。

それから若くしてポルトガルに渡り、ヴィトーリア・ギマランエスでトップチームに昇格。その後トンデラへのローンで評価を高め、今季は復帰。

前半戦で10試合に出場した後トルコのアンカラギュシュへと貸し出されると、なんと13試合で5ゴール4アシストと大ブレイク。一気にその評価を高めることになった。

高い推進力を持っている豪快なウイングでありながら、セットプレーやクロスも得意としている才能豊かなFWである。

彼はアメリカにルーツを持っているものの、これまでニュージーランドで6試合に出場。国際試合でのデビューは2014年の日本代表戦だった。

だが、その全ては親善試合であったことから今回アメリカ代表への招集がFIFAによって認められ、ニュージーランドからの離脱が可能になったという。

【関連記事】複数の代表チームでプレーした貴重なスター、TOP5

サッカーにおいては原則的に1つの代表チームだけでプレーすることが可能で、それを途中から変えることは許されない。

しかしプレーした試合が親善試合だけであった場合は代表を変えられる可能性があり、今回はそのような判断によってアメリカ代表入りが認められたのだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「レアルファンの期待を高める第一印象」スペイン紙『アス』も久保建英に注目
久保建英、やりやがった!世界が絶賛した「圧巻股抜き」 がこれ
A代表初先発の18歳久保、チリの実力派MFを華麗に股抜き 現地ファンも美技に歓声
「21-18」の衝撃スコア...計39ゴールの乱打戦が発生 背景にある“切実な理由”とは?
久保建英、あのビダルも無効化した「3人抜き超ドリブル」を見よ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加