最新ランキングをチェックしよう
アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2017/09/15

1930年代から1950年代にかけてHauck製作所が製造した火炎放射器「リトル・ジャイアント」の修理工程。

バラバラに分解してパーツごとに磨き、洗浄し、壊れている部分は交換して耐熱塗料で着色。

ガソリン入れて燃やした点火部分が結構大雑把な作りだよね。

ちょっとぶつけただけでこぼれて燃え広がって大変なことになりそう。

Antique Flamethrower [Restoration]

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【刑事事件】逮捕された広瀬すず兄の趣味が判明 / ガンダム好きで未成年飲酒も発覚 / 日常的にわらび餅やラーメンを摂取か
【絶望】冬将軍さん、来たる “約束の日” に向けてパワーをチャージしていることが発覚 / 来週からが本当の地獄だ......!
「ブサイクな丸顔のデブだった......」女性の尻に入れ墨して逮捕の43歳男が自称していた“ロックミュージシャン”像
高須クリニック院長が身元不明のネットユーザーを提訴か
高梨沙羅「超高級ベンツ」に乗る理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加