最新ランキングをチェックしよう
アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2017/09/15

1930年代から1950年代にかけてHauck製作所が製造した火炎放射器「リトル・ジャイアント」の修理工程。

バラバラに分解してパーツごとに磨き、洗浄し、壊れている部分は交換して耐熱塗料で着色。

ガソリン入れて燃やした点火部分が結構大雑把な作りだよね。

ちょっとぶつけただけでこぼれて燃え広がって大変なことになりそう。

Antique Flamethrower [Restoration]

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「てめえこの野郎」と叫び...1キロ車“追い回す”
交差点ですれ違いざまにカバンずらし 下腹部露出をアピール 北千住
白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」
新聞・テレビが触れられたくない「メディアの大特権」の話をしよう
イオンの「ブラックフライデー」再び! 4日間のセールを見逃すな
  • このエントリーをはてなブックマークに追加