アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2017/09/15
No image

1930年代から1950年代にかけてHauck製作所が製造した火炎放射器「リトル・ジャイアント」の修理工程。

バラバラに分解してパーツごとに磨き、洗浄し、壊れている部分は交換して耐熱塗料で着色。

ガソリン入れて燃やした点火部分が結構大雑把な作りだよね。

ちょっとぶつけただけでこぼれて燃え広がって大変なことになりそう。

Antique Flamethrower [Restoration]

No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
医学部偏差値上昇率ランキング 20年間で旧帝大を超えた意外な大学
東大、東北大...国立大学で進む「雇用崩壊」の大問題
京急・都営・京成・北総、10月28日にダイヤ改正 空港アクセスや深夜帯など強化
約300円で仕入れた“アディダス”を5000円で販売
【報ステ】両陛下 私的旅行で渡来人ゆかりの神社へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加