最新ランキングをチェックしよう
アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

アンティークな火炎放射器を分解、整備する作業工程が気持ちいい

  • 小太郎ぶろぐ
  • 更新日:2017/09/15

1930年代から1950年代にかけてHauck製作所が製造した火炎放射器「リトル・ジャイアント」の修理工程。

バラバラに分解してパーツごとに磨き、洗浄し、壊れている部分は交換して耐熱塗料で着色。

ガソリン入れて燃やした点火部分が結構大雑把な作りだよね。

ちょっとぶつけただけでこぼれて燃え広がって大変なことになりそう。

Antique Flamethrower [Restoration]

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【西日本豪雨】濁流から家を守った薄いブロック塀が海外で話題に!「職人技だ」「施工業者の技術が素晴らしい」などの声
兄にレイプされ妊娠中絶の15歳少女に禁錮6月、インドネシア
「パソコンの動作が遅い」買い替えるよりお得な対処法
『サンモニ』に落合博満氏が登場! 張本勲氏の「借りてきた猫状態」に驚きの声
野性味ゼロのわがままボディ。もはや「太った大型猫」状態のシベリアトラ(中国)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加