機械学習によってスズの二次元材料「スタネン」の物性を予測 - ANL

機械学習によってスズの二次元材料「スタネン」の物性を予測 - ANL

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/12/14

米アルゴンヌ国立研究所(ALN)の研究チームは、機械学習を利用して、スズの二次元材料「スタネン」の物性予測を行った。医療診断や株価予測などさまざまな分野で使われるようになっている機械学習だが、これを材料科学分野の研究に応用した事例として注目される。研究成果は、学術論文誌「The Journal of Physical Chemistry Letters」に掲載された。
スタネンは、スズの原子がグラ

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加