レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第31回・ルーニー(エバートン/元イングランド代表)

レジェンドの軌跡 THE LEGEND STORY――第31回・ルーニー(エバートン/元イングランド代表)

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/12/07
No image

代表ではベスト8が最高成績だったが、個人では多くの記録を残した。16年11月11日のロシアW杯予選スコットランド戦(写真/3-0の勝利)が、代表での最後の舞台に。 (C) Getty Images

No image

マンチェスター・Uでは、15-16シーズンにFAカップも制し、獲り得る限りのタイトルを獲得した。写真は伝説となったシティ戦でのオーバーヘッド。ナニのクロスを受けての美弾は決勝点でもあり、さらにその価値を増した。 (C) Getty Images

本誌ワールドサッカーダイジェストと大人気サッカーアプリゲーム・ポケサカとのコラボで毎月お送りしている「レジェンドの言魂」では、サッカー史を彩った偉大なるスーパースターが、自身の栄光に満ちたキャリアを回想しながら、現在のサッカー界にも貴重なアドバイスと激励を送っている。

さて今回、サッカーダイジェストWebに登場するのは、デビュー時にあらゆる最年少記録を樹立して話題を独占し、以降、イングランドを代表するストライカーとして君臨してきたウェイン・ルーニーだ。

マンチェスター・ユナイテッドでは全てのタイトルを勝ち取り、イングランド代表では歴代最多得点などの偉大なる足跡を残した、今なおピッチで存在感を放ち続ける偉人の軌跡を、ここで振り返ってみよう。

――◇――◇――

1985年10月24日、ウェイン・マーク・ルーニーは、イングランド・リバプールで生を受けた。

エバートンの熱烈なファンだった少年は、早くからストライカーとしての才覚を発揮し、地元の少年チームでは驚異的なペースでゴールを量産。これが憧れのチームのスカウトの目に止まり、9歳の時にエバートンの下部組織に入団を果たした。

ここでも類まれな得点能力を発揮したゴールの天才は、2001-02シーズン終盤にはトップチームに昇格、試合出場はなかったものの、プレミアリーグでベンチに座った。そして翌シーズンの開幕戦、16歳と298日でトッテナム戦に出場し、早くもアシストをマークする。

エバートンでは歴代2番目の若さでトップチームデビューを果たすと、10月2日のリーグカップ・レックスハム戦では初ゴールを挙げてクラブ最年少記録を更新。それから約3週間後のアーセナル戦では、プレミアリーグでも歴代最も若いゴールゲッターとなり、早くも世界中にその名を知られることとなった。

練習生の立場にありながら、ファーストシーズンで33試合に出場し、6ゴールを挙げた新たな「ワンダーボーイ」は、正式なプロ契約を交わした翌シーズンに26試合出場9得点を記録したが、エバートンでのキャリアはここで止まることとなる。マンチェスター・ユナイテッドへ、約2500万ポンドで移籍することが決まったからだ。

「赤い悪魔」の一員となったイングランドの至宝は、1年目で初の2ケタ得点(11点)を達成し、2年目の05-06シーズンにリーグカップ優勝。ウィガンとの決勝戦で2ゴールを決めて、自身初のタイトルに華を添えた。

そして、35試合で14得点13アシストと活躍した翌シーズン、チームにとっては4年ぶり、彼にとっては初めてのプレミアリーグ制覇。ここから、マンチェスター・Uの黄金時代が幕を開け、翌シーズンにはリーグ連覇、そしてチャンピオンズ・リーグ(CL)ではチェルシーとの同国対決をPK戦の末に制して欧州王者にも輝いた。

08年冬、欧州代表として日本で開催されたクラブワールドカップに出場。撃ち合いとなったガンバ大阪との準決勝(5-3)で2ゴール、決勝のLDUキト戦では73分に決勝ゴールを挙げたルーニーは、クラブを世界一に導くとともに、MVP&得点王に選出された。

08-09シーズンにリーグ3連覇を果たし、自身は12ゴール。前シーズンより背番号10を背負い、年々チャンスメイクの能力も高めていた彼だが、09-10シーズンには自己最多の26ゴールを記録し、PFA年間最優秀選手賞を手にした。

改めてストライカーとしての凄さを示したルーニーは、11年2月のマンチェスターダービーにおいて、ファンの記憶に永遠に残るであろうゴールを決める。右サイドのクロスから決めた鮮やかなオーバーヘッドは、投票によって20年目を迎えたプレミアリーグの歴史におけるベストゴールに選ばれた。

このシーズンでも自身4度目となるリーグ制覇の喜びを味わったルーニー。続く11-12シーズンには2年前の記録を上回り、27得点というキャリアハイの数字を残した(現時点でこれが最高記録)。

12-13シーズンにマンチェスター・Uで5度目、そして最後のリーグ優勝を飾り、アレックス・ファーガソン監督退任後は幾度となく移籍の噂が上がったが、ルーニーはその後も4シーズン在籍し続け、17年1月のストーク戦で通算250ゴールを決め、クラブの歴代最多得点記録を更新してみせた。 早熟の天才は、もちろんイングランド代表においても偉大な記録を生み出している。

プロ契約を結んでいないままプレミアリーグでのファーストシーズンを戦っていた03年2月17日(オーストラリア戦)、最年少の17歳と111日でA代表デビューを果たしたルーニーは、同年9月のマケドニア戦で今度は最年少得点。後者の記録は今なお、破られていない。

15歳でU-18代表入りするなど、年代別代表で年上の選手と戦ってきた彼は、A代表でも全く物怖じすることなく、初のメジャーイベントとなったEURO2004ではスイス戦、クロアチア戦でそれぞれ2ゴール(4得点はランキング2位)。準々決勝ポルトガル戦で足を骨折し、チームもPK戦の末に敗れたものの、文句なしの国際デビューとなった。

しかし、初の世界舞台である06年ドイツ・ワールドカップでは、怪我明けという悪コンディションのなかでワントップという大役を仰せつかるも、目に見える結果は残せず、準々決勝のポルトガル戦でリカルド・カルバリョの股間を踏みつけて一発退場という最悪の結末を迎えた。

EURO2008で92年スウェーデン大会以来の予選敗退を喫し、捲土重来を期した10年南アフリカW杯、ルーニーは背番号10として攻撃の核を担ったものの、ここでも不調を託つ。イングランドは誤審がクローズアップされたドイツ戦で敗れ、ベスト16止まりで早々に帰国を余儀なくされた。

続くEURO2016では、予選で受けたペナルティーによりグループステージ最終節からの出場となったが、決勝トーナメント進出を懸けたウクライナ戦で決勝点をゲット。準々決勝ではPK戦の末にイタリアに敗れるも、ルーニー自身は2番手として成功させている。

その2年後のブラジル大会でも、ウルグアイ戦でゴール、イタリア戦でアシストと、自身は結果を残したものの、イングランドの得点はこの2つだけに終わり、グループステージ最下位という最悪の結末に終わった。

そしてEURO2016。ルーニーはMFとしてこの大会に臨み、計4試合のうち3試合でスタメンに名を連ねた。準々決勝のアイスランド戦では試合開始4分で得たPKを決めて先制ゴールを決めたものの、そこから14分間で逆転を許し、大番狂わせを演じられて敗退を喫した。

このように代表ではタイトルに縁のなかったルーニーだが、個人としては16年9月のロシアW杯予選(スロバキア戦)で代表キャップ数を116とし、デイビッド・ベッカムを抜いて、ピーター・シルトン(125)に次ぐ歴代2位に躍り出、その後、119まで記録を伸ばした。

歴代最多の代表通算53得点という記録を保持し、最多キャップ数も目前だったが、今年に入ってからは招集メンバーから漏れるようになり、8月、クラブでのプレーに専念したという理由により、ルーニーはスリーライオンズのユニホームを脱いだ。

自らけじめをつけたのは、7月、13年ぶりにエバートン復帰を果たしたことが原因だった。幼少の頃からの憧れのクラブに対し「成功するために全ての力を注ぎたい」と語った彼は、家族やクラブ側とも話し合った上で、この「厳しい決断」を下した。

そのエバートンはプレミアリーグ15節を終えた時点で、負けが先行しての10位。ヨーロッパリーグでは1勝も挙げられないでグループステージ敗退が決するなど、開幕前に大型補強を施した割には芳しい状態になく、先月はロナルド・クーマン監督が解任されている。

そんななかでも、ルーニーはリーグ開幕戦でいきなり得点を奪い、14節のウェストハム戦では自陣からの超ロングシュートでゴールを決めるなど存在感を示しており、ここからいかにチームを浮上に導くかが注目される。

早熟の天才であり、多くの人々から「完璧な選手」と称賛される一方で、アルコールなどによって問題を起こすトラブルメーカーの一面もある。プライベートのことでも様々な話題を提供するなど、ある意味、多彩な魅力を振りまくルーニー。まだ32歳。今後も多くの伝説を作り出すはずだ。

300万DL到達の戦略サッカーシミュレーションの決定版!

No image

ユーザー自身がオーナーとなって理想のサッカークラブを作り上げる、スマートフォン用育成シミュレーションゲーム「ポケサカ」(対応OSはiOS、Android、端末対応はKindleFire)。今回はルーニーが初登場。「ルーニーカップ」にエントリーして、「イングランド版ルーニー」を手に入れよう。詳細はアプリ内お知らせでチェック!!

公式HP:http://www.pksc.jp/

公式twitter:@PocketSoccer_PR

APP storeからダウンロード

https://itunes.apple.com/jp/app/id572515596

Google playからダウンロード

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.newstech.awakereset

KindleFireでダウンロード

http://www.amazon.co.jp/dp/B00L94O82W

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伊藤達哉がHSVと2021年まで契約延長!...クラブ幹部「目覚しい成長を遂げた」
ペップ、プレミア新15連勝も冬の補強を示唆「このままでは大変なことになる」
内田篤人が今冬にウニオン退団か...監督「お互いに良い解決策を考えないと」
冷遇続く原口元気、今冬に移籍か...ヘルタ幹部「1月にハッキリさせる」
マスチェラーノ、新天地は中国が濃厚。年俸9億円に加えて求めた条件は...?

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加