マクラーレンが『570GT』向けスポーツパックとデザイン・エディションの投入でスポーツシリーズを強化

マクラーレンが『570GT』向けスポーツパックとデザイン・エディションの投入でスポーツシリーズを強化

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/14

マクラーレンでは、昨年発表された『570S Spider』で採用された新機能と改良点が「Coupe」と「GT」のモデルでも選択可能となり、スポーツシリーズの仕様の選択肢がさらに拡大。多彩なオプションが装備できるようになる。

最も変化が大きいモデルは『570GT』で、カーボンセラミック製ブレーキ・ディスクが標準装備されるほか、スポーツパックも投入されるため、ドライバーは『570S Coupe』および『Spider』と同じようなダイナミックなセッティングを、『570GT』でも選択することが可能となる。

No image

570GT

スポーツシリーズにおいて最もラグジュアリーで、洗練されたモデルである『570GT』では、『570S Coupe』に比べてよりリラックスした運転を楽しめる。サスペンションの硬さを示すスプリングレートが下げられ、ステアリング・レシオも2%削減されているため、高速走行中の安定性も向上。このような特徴はGTならではのドライビング・エクスペリエンスを望むドライバーを満足させるが、一方でGTのボディスタイルを維持しながら、『570S Coupe』と同じような、よりシャープで、より正確なダイナミクス性能へのリクエストも寄せられていたという。

『570GT』のスポーツパックは、コンポーネントとセッティングの変更を通じて、このような要望に答えものだ。ステアリングラック、ダンパーのアクチュエーターおよびアップライトがCoupeおよびSpiderと同様で、アダプティブ・ダンピング、ステアリングおよびエレクトロニック・スタビリティ・コントロールも同じ「S-tune」。85万2000円(税込)でスポーツパックに含まれているPirelli P-ZERO(TM)タイヤを『570GT』に組み合わせることができ、『570S Coupe』および『Spider』と同じドライビング・エクスペリエンスが得られる。

No image

570S Coupe

クルマをさらにパーソナライズしたいという希望を持つ顧客には、『570GT』向けドライバーコントロール型可変チルトのエレクトロクロミック・パノラミック・ルーフなど、MSOが開発した、スポーツシリーズ向けの多様なオプション装備が用意されている。
様々なセッティングに応じて、通電することでガラスの不透過率が変えられるエレクトロクロミック・ルーフは、非常に高温で日光が当たる状況下で特に効果を発揮。『570GT』の3つのUV除去パノラミック・ルーフ・オプションの1つである、MSO Definedのエレクトロクロミック・パノラミック・ルーフ(グリーン・ティントやダーク・グレイのプライバシーティント・ガラスのオプションも用意)は、最先端のアプローチを他業界からも採り入れ、オーナーとしてのエクスペリエンスを向上させる、マクラーレンの独創的な発想を改めて示すものとなっている。

『570GT』には、5種類の新しいデザイン・エディション・パックも導入された。これらの新エディションにより、人気のあるエクステリア・カラーに「By McLaren」のラグジュアリー感が組み合わされて最大の相乗効果が生み出されるほか、個別に指定する場合よりも経費を大幅に抑えることが可能だ。570GT向けの5つの新しいデザイン・エディション以下のとおり。

- シリカ・ホワイトのエクステリアとサドルタンおよびカーボンブラックのインテリア
- パシフィック・ブルーのエクステリアとジェットブラックおよびアレイア(クリーム)のインテリア
- ブレード・シルバーのエクステリアとナチュラルタンおよびカーボンブラックのインテリア
- ファイア・ブラックのエクステリアとジェットブラックおよびアレイアの
インテリア、ならびにストーム・グレーとジェットブラックおよびアーモンドホワイトのインテリア

No image

570S Spider

スポーツシリーズ全体でオプションパックの内容と価格が変更されたことにより、追加の機能がより身近になる。また、『570S Spider』で導入された新しいカラーとトリムが他のモデルでも選択可能になり、キュラソー・ブルー、ベガ・ブルー、シシリアン・イエローなどのエクステリアのペイント・カラーと「By McLaren」のデザイナー・インテリアの組み合わせがすべてのボディスタイルでオーダーできる。
さらに、10本スポークの軽量鍛造アロイホイールとブレーキキャリパーのリキッドブラック仕上げも選択可能だ。スポーツシリーズでオプションのバックカメラを指定すると、カメラ画像がドライバー向けTFTインストルメント・ディスプレイの中央に表示されるようになる。

人気を博したトラックパックのオプションは『570S Coupe』で引き続き装備可能で、アルカンターラを使用した「By McLaren」のデザイナー・スポーツ・インテリアの選択肢が6種類に増加。トラックパックで昨年導入された、12mm高いリア・スポイラーは、スポーツシリーズのすべてのCoupeモデルで標準装備される。

新しいスポーツシリーズは、マクラーレンのリテーラーまたはマクラーレン・オートモーティブのウェブサイトにおいて、オプションを組み合わせて希望の仕様を見られる。

各スポーツシリーズ・モデルの価格(税込)は以下のとおり。

540C: 2410万円から
570S Coupe: 2672万5000円から
570GT: 2810万円から
570S Spider: 2898万8000円から

No image

540C

関連情報

http://clk.nxlk.jp/dYsaQKBQ

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「グノシー動画自動再生機能」の設定方法について
【!?】ダイソー200円イヤホン、ひと手間で「3万円クラスと戦えるようになる」説が話題
スマホの保護フィルムは貼るから塗る時代へ!液体ガラスフィルムを試してみた
ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
この冬最注目のスマホ『HUAWEI Mate 10 Pro』の実力を動画で解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加